上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

びっくり仰天!!山田農水相の公式サイトが!

宮崎の口蹄疫問題で感染してない種牛まで殺せ殺せと息巻いている山田農水相ですが、この人、長崎の五島列島で牛の牧場を経営している人でした。

そして中国産の子牛を日本が買うシステムを作りたいと山田農水相は自身のホームページに書いていましたが、今更その部分を削除しています。
ネットに一度書けばどんな圧力を使っても消せませんよ(笑

http://chaosseed.qlookblog.net/2010/05/30-7.html

以下のことを考えると私にはあることがまとまりました。

この人は宮崎の畜産を最初から潰したいと考えていたのでしょう。
そうすれば自分の牧場が儲かる、中国への便宜として中国の子牛を輸入してあげれる。
拡大を阻止することよりも、種牛を殺すことばかりを考えている。
また口蹄疫の感染経路については一切調べようとしない。

これが民主党の正体です。

日本の政府が日本のために働くのではなく、外国の利益になることに汗をする。この売国奴たちには日本の血税でお金が払われています。
宮崎は自民党勢力が強いので最初に槍玉に上がりましたが、次はどこでしょうか?
そうやって日本に息づく産業をことごとく潰して、そのかわりに韓国や中国に利益をもたらせようと画策する、私はそう思います。

また、マスコミが「種牛を殺処分しないと清浄国申請できない」と嘘をついている。種牛はワクチンも打っていないので、陰性なら洗浄国申請できるのです。

山田さんも五島の牧場の中国製の牛がかわいいでしょう?その牛に故意にウィルスばら撒かれたら悔しいでしょう?同じことできないと思います。

狂牛病と口蹄疫 (時事叢書 世界の食料・農業問題)狂牛病と口蹄疫 (時事叢書 世界の食料・農業問題)
(2001/09)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト



[ 2010/07/15 00:10 ] 山田正彦 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。