上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

所詮共産党はこの程度 志位氏 選挙区議席獲得うれしい

共産党の志位委員長は、午後10時すぎ、NHKの番組で「東京と大阪の2つの大都市で議席を得ることができた。
選挙区での議席獲得は12年ぶりのことであり、大変うれしい。
自民党政権がやろうとしている消費税の大増税にしても、原発の再稼働にしても、憲法9条の改定にしても、どんな世論調査でも、5割から6割の国民の皆さんは反対の意思表示をしている。
われわれ共産党が、こうした国民の多数の声によって、自民党政権と対じして、政治を動かしていく努力をしたい」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130721/k10013191161000.html

選挙前に、民主党がやった政権交代を共産党がするのではないだろうかと、異常な不安感に囚われていた方々がいたが共産党そのものはそこまでやろうという気がない政党。
それは過去の選挙時のこの党の行動をみていれば誰にでもわかる。
自分たちの政治理念を声高々に叫ぶことができればそれで満足してしまう政党なのである。

「日本共産党」という名前はイメージが悪いから変えたら票が集まると言われても一切気にしない共産党。
中国共産党や旧ソ連、スターリン、日本赤軍を連想させる政党名を大事に使い続けるのもまた、選挙に勝つというよりは、「共産党という名前のどこが悪い?」と自分たちの政治理念を優先させているからだろう。
池上彰からも党名は変えないのですか?と言われても「資本主義に反対なのだからこの党名でけっこうだ」と言う党首。

合言葉は「愛」「平和」のラブ&ピース。
キューバ危機、ベトナム戦争などのアメリカの影響を受け、反権力・反体制の青春時代を送り、少年少女のまま、じいさんばあさんになった支持者たちは、選挙活動時においてもカスタネットやタンバリンを持ち出して昔のヒッピーもどきをやっていた。
若者たちは眉をひそめ「あれは選挙の逆効果になっている」と言っていたが、一切気にすることもない。
そういう空気の読めなさが有効な選挙活動の妨げをしているが、それがこの政党の持ち味であり、ある意味一番ブレのない政党だろう。

共産党は次の選挙でも他の左翼政党が立候補者を立てている選挙区に、遠慮するどころかどんどん共産党立候補者を立てまくり、左翼の票の分裂を進んでやってくれるだろう。
このような唯我独尊的な行動が「自民党の味方をしているではないか」と見られ影で手を組んでいると言い出す陰謀論者が出てくるのである。

労働問題への取り組みといういい面を持っている政党なのだから、その部分に対してもう少し真面目に取り組んでいけば支持者が増えると思う。

【送料無料】 ザ・ヒッピー フラワー・チルドレンの反抗と挫折 / バートン・H・ウルフ 【単行本】

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
スポンサーサイト



[ 2013/07/24 17:05 ] その他政党 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。