上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前原誠司前外相 所得隠し企業から献金 15年間で180万円

前原誠司前外相の資金管理団体や代表を務める政党支部が、架空の役員報酬をめぐって大阪国税局から約4億7千万円の所得隠しを指摘された企業から15年間で約180万円の政治献金を受けていたことが27日、産経新聞の調べで分かった。献金時期は、国税局から所得隠しを指摘された時期と重なる。外国人献金問題のみならず、前原氏の「政治とカネ」に対する甘い姿勢がまた浮上した格好だ。

献金していたのは、関西一円で事業を展開するカラオケ店運営会社(京都市)。大阪国税局の税務調査を受け、平
成21年5月期までの5年間で約4億7千万円の所得隠しを指摘された。経理ミスもあり、追徴税額は重加算税を含め約1億9千万円に達した。

関係者によると、同社は創業者である社長の次女を取締役として登記。約5年間で総額約4億7千万円の役員報酬
を次女名義の口座に支払い、経費計上していた。しかし国税局は、長期間海外留学するなど次女の勤務実態は不透明で、架空の人件費に当たると認定。悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと判断した。
一方、政治資金収支報告などによると同社は、前原氏の資金管理団体「新緑会」(京都市)に7~11年に計60万円を献金。政治資金規正法改正によって企業献金が政党支部に限定された12年からは、前原氏が代表を務める政党支部「民主党京都府第2区総支部」(同)に毎年10万~17万円を支出していた。21年までの前原氏側への献金総額は183万円になる。

前原氏をめぐっては、巨額脱税事件で有罪判決を受けた男性の関係企業にパーティー券50万円分を販売していた
ことが判明。さらに同事件で逮捕された別の男性(処分保留で釈放)が代表の会社にもパー券50万円分を販売するなど、脱税関係企業との関係が以前から浮かんでいた。

前原氏の事務所はカラオケ店運営会社について「ご支援いただいている方」とした上で、所得隠しについては「全
く知らなかった。事実関係を確認の上、適切に対処する」としている。
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110828/plc11082809080004-n1.htm

朝鮮人からの献金の次は悪徳企業からの献金が発覚した前原氏。
まったく信用できない人物であるのは明らかである。この人が総理大臣になれば前代未聞の極悪首相の誕生である。しかしながら小沢よりはマシかもしれない。
懐かしい言葉を引っ張り出すのなら疑惑の総合商社である。

小沢からのリークだろう。中国(小沢) vs 韓国(前原)の構図である。

民主党は本来政権をとるべき政党ではなかった。
マスコミと結託し麻生元総理や自民党を不正に糾弾、そして民主党を持ち上げて国民を洗脳して政権をとった政党である。今現在、そのことに気がついている人はどのくらいいるだろうか?
そうやって不正をして与党になったものの外交、経済に素人な人間が大臣の座について政治ごっこを繰り返し日本はどんどん落ちていっている。

国民のための政治をスローガンに掲げていた民主党であるが、実は自民党よりも真っ黒で不正が多い。
次から次へと朝鮮人からの献金が明るみにでるのも、この政党に属する人間がなりすまし日本人だからである。

戦後最大の失敗は在日朝鮮人を残した事。

【送料無料】偽装国家

【送料無料】偽装国家
価格:714円(税込、送料別)


スポンサーサイト



[ 2011/08/28 12:54 ] 前原誠司 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。