上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島1号機、6時間後に炉心溶融(メルトダウン)か 震災当日に高放射線量

東京電力福島第1原発事故で、東日本大震災がおきた6時間後に1号機の原子炉建屋で高い放射線量が計測されていたことが東京電力の公表した資料で分かった。通常は出ないレベルの放射線量で丸1日浴び続けると死亡するレベル。この段階ですでに圧力容器内の水位が下がり、メルトダウン(炉心溶融)が始まった可能性が高い。

地震直後の運転日誌や中央制御室内の白板の記述によると、地震の6時間20分後の3月11日午後9時8分、10秒間で0・8ミリシーベルトの放射線量を記録。毎時換算すると288ミリシーベルトで、原発の作業員が5年間に被ばくする上限の100ミリシーベルトを20分で超える値になる。
40分後の午後9時51分に1号機原子炉建屋内への立ち入りが「社長指示」として禁止された。
午後11時、原子炉建屋に隣接するタービン建屋内の中央制御室近くでも毎時1・2~0・5ミリシーベルトを記録した。
通常、原発に従事する作業員でも年間5ミリシーベルトに達することはほとんどないにもかかわらず、翌12日午前9時には、11日入った作業員4人に最大25ミリシーベルトの被ばくがあったと報告された。

東電の解析では、1号機圧力容器では水位が下がり、3月11日午後9時ごろから燃料が溶融。熱や圧力で格納容器を貫く配管などが傷つき、炉内で発生した水素や放射性物質が漏れた。実際の放射線量の増加も解析結果とほぼ合致。各種計器は当時、圧力容器内の水位が足りていることを示していたが、中央制御室の白板には「1号 水位計あてにならない」と書かれていたことが判明している。

▽中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011052390143337.html

とっくにメルトダウンしてたから、何やっても無駄だったという流れにしたいのだろうか?
では、あれだけ行われた枝野や東電の記者会見は何だったのだろう。嘘に嘘を塗り固めていると最初から感じていたが、やはりそうだった。

今になって再び全てを地震のせいにしようと、しているのだろう、こういう情報がどんどん出てくる。

情報開示義務違反
事前承認取得義務違反
耐震工事業務上過失致死

に問われても仕方ないのではないか?

東大の原発を研究している関村教授があちこちのTVに出まくって日本の原発は安全だ、メルトダウンは起こらない、完全に停止した、爆発なんて起こらないなどという嘘を言っていたが、この人の責任は大きい。
御用学者と言われる東電から研究費という名目でお金を受け取っている教授たちのでたらめな発言は動画やネットにも残り続けていく。

また、NHK解説の東大の関村教授は原子炉の運転については知らないので、解説がでたらめという。関村直人教授は「燃料のごく一部が溶けて漏れ出たと思われるが、原子炉はすでに停止している上、冷やされている状況だ。ほとんどの核燃料は原子炉の中に収まっているので冷静な対応をお願いしたい」と話している。冷やされていないから爆発にまでなったのだ。
このひとは東大で何の研究をしている人なのだろうか?

またその1号機では最近になって原子炉の放射線の量が跳ね上がっている。
23日12時201Sv/hもの線量が確認されている。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/11052312_table_summary-j.pdf

melto142.jpg
スポンサーサイト



[ 2011/05/24 09:20 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。