上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の柔道界は韓国に乗っ取られようとしている

海老沼判定時の主審「ミナカワ審判」の不正判定
海老沼の準々決勝を裁いたミナカワ主審について、南米で柔道を指導するある日本人コーチは「あの人は、旗判定になると日本人に上げないことで有名」と明かした。
名前だけを見れば日系ブラジル人とも思えるが、南米では日本人嫌いで知られているそうで、判定に影響した可能性がある。以前から国際試合では判定は日本が不利と言われているが、延長の導入で最近は旗判定自体が減っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000067-spnannex-spo

間違いなく、今回の柔道の審判に関しては韓国側がワイロを払って買収しているだろう。これは対日本だけでなく、韓国にすべて有利に働くように画策している可能性が高い。
旗判定が韓国側の全員青というのももちろんおかしいが、その前の海老沼の有効が取り消されたことがもっとも不正判定であることは言うまでもない。

WCの時も次期韓国大統領候補と言われている鄭夢準が暗躍し、娼婦を送り込むなどしたことがドイツ人ジャーナリストによって暴露されている。

◆鄭夢準 - Wikipedia
鄭夢準(チョン・モンジュン)は、豊富な資金力、政治力および、FIFA副会長という地位を最大限に駆使し、2002 FIFAワールドカップにおける韓国代表のベスト4獲得にも貢献した。
その貢献度は3位決定戦でフース・ヒディンク監督よりも先に選手から胴上げを受けていることからも明らかである。
なお招致の成功については、ドイツ人ジャーナリストのマーティン・ヘーゲレによって、「各国担当者に高価な贈り物を贈ったり、娼婦を抱かせ弱みを握ろうとした。」などと行為の数々を暴露されている。

◆海老沼の旗判定で韓国選手の青旗をあげた「ミナカワ審判」韓国選手と抱き合う
melto485.jpg
melto486.jpg
試合を終えた韓国選手とあからさまに抱き合い喜ぶミナカワ審判。これは偶然にテレビに映りこんだものである。普通審判が選手とこのように喜び合うことはない。
これこそ多額のワイロを使って審判らを買収していた証拠のひとつであろう。

◆福見の試合でもわずか30秒で指導を出したミナカワ審判
0:32 Japan FUKUMI Tomoko False-Attack P12 Shido
1:39 Romania DUMITRU Alina Ko-soto-gari KSG Waza-ari
2:54 Romania DUMITRU Alina Non-Combativity P29 Shido
4:51 Romania DUMITRU Alina Non-Combativity P29 Shido

Referee MINAKAWA Edison (IJF)
Judge 1 CORTES Jose Manuel (IJF)
Judge 2 MOUETTE Cathy (IJF)


◆ジュリーの導入
国際柔道連盟(IJF)は北京五輪後のルール改正で、ジュリーが最新の映像監視システムで全試合場の判定の正誤を指摘するシステムを導入している。
これはすでに柔道界の審判が韓国のワイロによってまともに機能していないことは関係者の間ではすでに周知の事実であり、なんとか不正をなくすために導入されたのだと考えられる。

写真判定になればどんなに審判にワイロを渡して不正を働こうとしても無駄になる。
ちょこちょこと試合が中断して技が変更になったりするが、これは今後の柔道界を考えると、韓国以外の国からしてみればよいシステムだろう。
しかしこのジュリーをも韓国はワイロで抱き込む可能性が出てくる。

海老沼の試合に関しても、一度は「有効」と判定された海老沼の技以外に大きな判断材料がなく、試合場に配置された3人のジュリーはいずれも「白(海老沼)の勝ちは疑う余地がない」と判断。バルコス委員長の最終決断で、主審と2人の副審に「旗判定を覆すよう指示した」としている。

Yahoo(ちょうせん人運営者)のサイトなどではあからさまに海老沼が悪いという記事を書いているが、国際的にみても韓国のスポーツ界における不正は目に余るものがあり、韓国と日本のマスコミ以外はこの判定は正当だという見方をしている。

◆済州島で突然急死した竹内アジア柔道連盟会長
アジア青少年柔道選手権大会参観のため済州島を訪問中だった竹内善徳(たけうち・よしのり) アジア柔道連盟会長が14日午前、心臓まひで急死した。
竹内会長は13日に寝床に入った後、14日午前、睡眠中に突然の心臓まひで死亡した。
アジア柔道連盟は竹内会長の急死を受けて14日午後に済州島の漢拏体育館で緊急理事会を 開き、金正幸(キム・ジョンヘン)大韓柔道会長をアジア柔道連盟会長に選出した。
これによって金正幸柔道会長は来年5月まで、竹内前会長の1年間の残余任期を補うことになる。
http://mimizun.com/log/2ch/news/1147604744

高血圧なのを承知で飲めない酒を大量に飲まされて心臓麻痺でなくなった竹内アジア柔道連盟会長。
そしてその日の午後のうちに金正幸(キム・ジョンヘン)大韓柔道会長が後任になるという不可解な人事。当日のうちに後釜をすでにきている周到さを考えると竹内会長は意図的に殺害されたと見ていいだろう。
過去にも済州島で日本人が急死する話はいくらでもある。

◆現在の柔道界
国際柔道連盟会長 朴容晟
環太平洋柔道機構会長 金正幸
アジア柔道連盟会長 金正幸

これをみればいかにまともに機能していないのか人目でわかる。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ




スポンサーサイト



[ 2012/07/31 18:25 ] スポーツに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。