上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

橋下氏はなぜ朝鮮人から叩かれ、朝鮮人から支援されるのか

橋下市長率いる維新の会とそれに合流した旧立ち上がれ、この二つの共通点は戦前回帰型保守である。
はっきり言えば対共産主義(対北朝鮮・中国)を主とした、親日韓国人、韓国右派と手を組む日韓併合回帰型保守だろう。

日本は自虐教育をし、一方韓国は尊大な思想を国民に植え付け、謝罪し続ける日本と謝罪を要求する韓国の構図がありながら、昔の政治家はお互いが戦前の日韓併合時の仲良かった事実を熟知していた間柄であり、アメリカの監視の中、それを暗黙の了解としていながら建前としての対立を演じていた。
しかし時代は変わり本当に憎しみ会う日本と韓国という構図が出来上がりつつあるが、維新はその韓国保守と手を組み、その点が民主党の一部と重なる。

マルハンや政商の孫正義らから支持されながら、その一方で朝日新聞から叩かれ、MBS(TBS)のアナウンサーからケンカを売られる橋下市長。
対立していた平松市長は共産党からの支持が厚く、また女性国会議員が橋下の慰安婦発言を批判しているが、中身を見れば、 民主党、共産党、生活の党、社民党、みどりの風などの女性国会議員6人であり、福島瑞穂、糸数慶子、辻元清美、小宮山泰子、谷岡郁子、田村智子という共産主義者である。

共産党から支持される平松前市長
◆橋下独裁政治の阻止へ渡司氏が立候補を辞退 山口党府委員長 「平松氏を自主的支援
日本共産党は、平松邦夫氏には「自主的に支援する」立場でのぞみます。政策的な一致を求めず、当選後に与党になることもありません。「大阪は独裁・橋下知事に屈しない。恐怖政治から市民を守る」と表明されている平松氏の当選のため、自主的な支援を行うということです。支持者のみなさんに平松氏への支持をよびかけます。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-06/2011110601_01_1.html

済州島四・三事件によって多くの北朝鮮シンパだった南朝鮮労働党(北朝鮮支持者)の人たちが弾圧を逃れて日本の関西地方へ住み着き、その勢力が牛耳る大阪での平松前市長と橋下氏との対立。

橋下氏は朝鮮左翼(北朝鮮)から叩かれ、自由主義の朝鮮右派、親日韓国人から支援されているのである。
その思想は石原慎太郎と多くが重なり、一見して維新と立ち上がれ日本の共通点はみえにくいが、親日韓国人と手を結び、日韓双方のアメリカからの占領の脱却、そして日韓が合同で対共産主義と戦う構図を目指しているのは間違いない。

◆石原慎太郎「移民を受け入れるべき」
しかし、日本の国民が単一民族から成っているなどというのは基本的に間違った歴史認識で、我々の民族的ルーツは実は東西南北あちこちにあるのだ。日本の国土に昔から住んでいたのはアイヌの人々と沖縄人であって、両者はほとんど同一の民族だが他の日本人の多くはシナ大陸や朝鮮半島から渡来した。昔の皇室の一部もそうだった。それは三種の神器の様式が証している。
http://blog.goo.ne.jp/noridar002/e/3961d38975417d30d1e2883a1feb61a4

◆産経新聞 2011年1月1日(土)13時37分配信
石原知事対談「この国の行方」 日本で暮らす外国人の疑問に答える
「…だけど、やっぱり、ちょっと抵抗あると思うけど日本と韓国が一緒になって核兵器を持たなくてはダメ。それが一番いい。アメリカも助かりますよ」

日本維新の会が目指すものは戦前の日本の形であり、日韓併合回帰型思想である。
それは石原氏が口にした「日本は軍事国家になるべき」という発言にも現れている。

日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2013/05/30 17:05 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。