上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「なんで辞めるんですか」橋下氏、代表辞任を否定 堺市長選

任期満了に伴う堺市長選は29日、投票が行われ、無所属現職の竹山修身(おさみ)氏(63)=民主推薦、自民支持=が、日本維新の会傘下の地域政党「大阪維新の会」公認で元堺市議の新人、西林克敏氏(43)を破っての再選を確実にした。
竹山氏当確の一報を受けて、西林氏の陣営は堺市堺区の選挙事務所で午後8時すぎから記者会見を開催。
記者から進退を問われた大阪維新代表の橋下徹代表は「なんで辞めるんですか。また、勝たなければいけないのに」と辞任を否定。日本維新の会の共同代表職についても「日本維新の会はまったく別。国政政党としてしっかりやっていかなければいけない」と重ねて否定した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-00000553-san-pol

本人は辞めるつもりがさらさらないのに、新聞社が「堺市長選敗れて橋下氏共同代表辞任」という記事を書く。

◆堺市長選敗れて橋下氏共同代表辞任も 維新は崩壊危機に
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130929/waf13092920280014-n1.htm

嫌韓の産経新聞、反保守の朝日新聞は維新の会、橋下徹を徹底的に叩く。
橋下氏は韓国保守、親日韓国人から支持されるが、それと相対する同じ民族でありながら北朝鮮シンパから叩かれているという構図。

日本維新の会が目指しているものが非常にわかりにくいのは、この政党が日韓関係重視の立場に立ち、中国との対立を推し進めていることで、朝鮮半島の二分化された対立勢力に支持され、非難されるからだろう。

どうして橋下氏は朝鮮人から支持され、朝鮮人から非難されるのか、それはマスコミの報道をみるとわかりやすいかもしれない。
過去の平松氏(MBS)や女子アナウンサーとの対立も北朝鮮から叩かれているのであり、孫正義、マルハンといった日本に進出した半島勢力からの支援はいわゆる資本主義、親日勢力からの支援だろう。

資本主義国 アメリカ、日本、韓国。
共産主義国 中国、北朝鮮。



辻元、俺の前に出て来い!
朝鮮戦争、済州島四・三事件をみれば半島がどれだけ共産主義勢力と自由主義が鬩ぎあっているのかよくわかる。
韓国と北朝鮮は裏で手組んでいるという方がいるが、厳密にいえば韓国の北朝鮮勢力(共産主義者)と北朝鮮が手を組んでいるのであり、ノムヒョンなどの歴代大統領が選挙前になると訪朝して金を出してまでして金正日と会談をしたがったのは、そうした勢力の票や支持が欲しいからである。

済州島四・三事件で、韓国政府の弾圧から逃れるように日本に逃げてきた共産主義者は、主に関西に逃げ延びている。それらの人たちが今もなお共産主義・北朝鮮一派である可能性は高い。

melto743.jpg
朝鮮総連からの突然の電話で涙する辻元清美氏

melto86.jpg
北朝鮮の旗をつけた辻元氏率いるピースボート。

◆橋下「ゴルァァ!自民共産、辻元、俺の前に出て来い!」堺市長選挙最終演説
http://www.youtube.com/watch?v=9TTPLADGhHc

橋下氏、石原慎太郎が目指す、共産主義の中国との対立を進める極右路線。
現在の自民党との決定的な違いは、韓国を他人の国として見ているのか、それとも韓国を依然として兄弟のように考える、または日本の付属品のように考え、日韓共同で、という気質が抜けていないかだろう。

しかし、遠くに見えている目標やベクトルは、中国との対立であり自民も維新も同じだろう。
自民は自立路線を進めながらも、結局はアメリカをバックに対中国路線を進め、維新の会はアメリカとの離別、韓国と組んで対中国路線を進める、いわゆる戦前回顧型保守を目指している。

橋下氏に敵が多くなっているのは、そのためであり多方面から叩かれている。
しかしながら、その潰れない精神力、しつこさには敬意を表する。

体制維新――大阪都 (文春新書)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
スポンサーサイト



[ 2013/09/30 17:05 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。