上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

細川護熙氏 「福島の影響で、北極海のシロクマなど生物が大量死してる。ロシアの極秘資料で見た」

細川氏
「数日前に私は見たんですけども、ロシアの国防軍が出した極秘資料というものが出てきてね。それを見たんですが、福島でこないだ暮れに、12月31日だったかな、爆発があったという小さな記事が出ましたね。その数日前から実は水蒸気が上がっていて『何かおかしい』という話があったのを私も確かに覚えているんですけども。あれは完全にメルトダウンを起こしているということを、いろいろ分析をしていて。それでアメリカはヨウ素を15000袋だっかな、既に2月の始めに配るという手筈を始めたということとかですね、それから、いま北極海とかいろんなところでシロクマ、アザラシ、その他の生物の大量死が続出していると、これはまさにその福島の影響であるということとか。いろんなものが出てきているわけです。これはまあ凄い話だと思いましたね。」
http://dmcr.tv/index.html

いまさらながら、このような人が総理大臣の椅子に座っていたのかと思うと、唖然とする。
2年前はネットが普及していない時代だったことが原因かもしれない。
国民の知らないところで政治家たちがこそこそと好き勝手なことをし、無能な人物を担ぎ上げて利権を我が物に。

未だその古い体質が残っているのが、今回の都知事選での「細川氏担ぎ上げ」、その担ぎ上げた政治家は、小泉純一郎、菅元総理、野田元総理、小沢一郎、鳩山元総理と、そうそうたる売国奴が顔を揃えている。

この細川氏は現在、陶芸家である。
その陶芸家がどうやって「ロシアの国防軍が出した極秘資料」を閲覧することができるのだろうか?

ぼけている、頭おかしいのかという声もたくさん出ているが、恐らくそうであろう。
彼がみたのは「ロシアの国防軍が出した極秘資料」ではなく、陰謀論者などが書いた、そこら辺に出回っているデマの類だろう。
福島から遠い北極で動物が大量死しているのに、日本で大量死していないのだから普通の人間はデマだとわかるだろう。

この人はマスコミの強力な後押しで、テレビにやたら持ち上げられているが、本来ならばドクター中松やマック赤坂と同じタイプである。
このような人が本当に都知事になっていいのか?
ぜひ、よく考えて東京都民の方々は都知事を選んで欲しい。

日本をダメにした売国奴は誰だ! (講談社+α文庫)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2014/01/30 17:05 ] 選挙関係 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。