日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

「てにをはの分からない大臣」石原都知事 節電めぐり蓮舫氏批判

東京都の石原慎太郎知事は15日の定例会見で、蓮舫節電啓発担当相が「経済活動に影響がでる」などと自動販売機の節電に疑問を呈していることについて、「ばか言っちゃいけない。工場止めるより自動販売機止めたほうがよっぽど国民の役にたつ」と批判した上で、「そんな『てにをは』の分からない大臣だったら悲しい話だな。国民は」と切り捨てた。
石原知事は、パチンコや自動販売機に使う電力こそが「日本の経済を疲弊させている。その分有効な生産手段に
まわしたらよい」と持論を展開。その上で「彼女(蓮舫節電啓発担当相)は非常に私に腹を立てているみたいですが結構。腹立つのは良いんだが、トンチンカンというんだああいうのは」と一笑に付した。

清涼飲料水の自動販売機の節電対策をめぐっては、東京都議会の民主党が14日、自動販売機で日中の電力使用の停止を求める条例案を提案する方針を表明。党本部と地方議会との間でも意見が食い違うまとまりのなさも露呈している。 
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/life/news/110415/trd11041517140019-n1.htm

都知事が言うようにただ、言い返されたら言い返す、それだけであり、蓮舫氏は政治的な理念もなければ、自分の信念もない。自販機の節電は経済活動に影響がでるというのも、なんの根拠もなく石原都知事に腹を立てて、ただ言い返しているだけなのである。
都知事の言うように「工場止めるより自動販売機止めたほうがよっぽど国民の役にたつ」が正しい。

しかしながらこのグラビアアイドル崩れに160万票以上も票を入れてしまった東京都民は何を考えているのだろうか?
この一連のやりとりだけ見ても、誰が見たってこの蓮舫氏がどれだけ程度が低いバカかというのが露呈してしまっている。
発言の発端はいつも「何かの仕返し」による言いがかりであり、こんな人が仮にも大臣とは日本は随分大臣の椅子も随分と安くなったものである。
中国人は中国で政治家になったほうがいいのではないか?

蓮舫節電大臣 「石原都知事、自販機をなくすのか?そこで働いている人もいる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000506-san-pol

仕分けによる犠牲 神奈川県内の養蚕の歴史に幕 全12農家全て廃業
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1010030006/
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-987.html

「石原都知事の花見自粛論 権力で自由な行動を制限するのは最低限に留めるべき」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110401/plc11040112210016-n1.htm

蓮舫の仕返し  「バカな女」に恨み!? 1年前の渡辺発言で因縁
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110323/bbl1103231247004-n1.htm

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
[ 2011/04/15 19:15 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ