日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

韓国 集まった日本への義捐金、80%を独島守護活動団体と元従軍慰安婦団体に寄付

近年の韓流ブームやアイドルグループの日本進出により、犬猿の仲といわれた日韓のわだかまりはすっかり解消されたかのようだ。
そして東日本大震災の発生後、世界の主要国と同様に、韓国もいち早く日本支援に動いてくれた。震災翌日の12日には救助隊を派遣し、韓国の赤十字社には1日1億円以上の寄付が集まった。韓国ではARSという電話での募金システムが普及しており、1回の電話で2000ウォン(約150円)の募金をしようと多くの人々が日本のために受話器をとったという。
ソウル・衿川区の職員たちも当初は、被災した日本人を思いやってくれる善意の人たちだった。衿川区は人口60万人で、日本人も63人が在住している。約1000人の区職員たちはお金を出し合い、1200万ウォン(約920万円)もの浄財が集まった。

「3月31日と4月1日の2日間、職員を対象に『日本の地震被害支援募金の使用方法について』のアンケートを実施しました。
330人から回答が集まり、『主旨通りに使う』が20%、『独島の守護活動を支援する』が70%、その他が10%という結果になりました」
衿川区長チャ・ソンス氏は4月5日、アンケート結果を尊重して、募金のうち20%を日本へ送り、70%を独島守護活動団体に、10%をなぜか戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体に寄付することを発表した。
 http://www.news-postseven.com/archives/20110420_17938.html

この韓国の姿は民主党の姿でもあると思う。
なぜなら民主党にはもともと韓国人だった人間が日本人になって政治を行っている人間がいるからだ。
なんでもかんでも「友好」という言葉で誤魔化していても日本はよくならない。
ちゃんと韓国という国を見ていたら、決して日本のことが好きではない、残念ながら日本を敵とみなしてことがわかるのである。

日本人は戦争で負けたので自分達の民族に対して自虐的な考え方を持つように教育されている。
日本を好きだということ、愛国心を持つ人のことを「おかしな人」「過激な人」だと思うのである。
未だに在日を見て「彼らは苦労してきたのだ」「かわいそう」などと団塊の世代の人間のように、おかしな発想の人もいる。
それは一つには「朝鮮人」と言うと差別だ、慰安婦問題は最初からなかったと言うと「差別だ」などと叫ぶ意地汚い発想の朝鮮半島の人間に、人の良い日本人は振り回されていることに早く気付くべきだ。

何かを言うと「差別差別、金よこせ」的な発想は日本人には微塵もないが、相手はなりふりかまわず、「差別を口にすると金に繋がる」ことを利用している。
日本人が考えるほど世界は甘くない。冷静に韓国という国を見ていると付き合うべき国ではないことがわかるはず。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

[ 2011/04/20 18:22 ] 韓国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ