日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

台湾の匿名企業が、原発作業にあたる50名宛てに1億5000万円を寄付

福島第一原発で懸命の復旧作業が続いています。依然予断を許さない状態が続いているですが、震災発生直後に現場で作業に当たっていた作業員50名の存在は、海外でも注目されました。当時「最後の砦の50人」と言われながらも、その名が明かされず、米紙ニューヨーク・タイムズなどの外信では、勇敢と称えられていました。

その彼らと家族宛てに、台湾のとある企業が、1億5000万円を寄付をしていたのです。
この事実は、3月19日付けの台湾版ヤフー「Yahoo!奇摩」で報じられていたものです。それによると、この日、テレビでチャイティ番組が行われており、番組の司会者の沈春華さんは、番組開始早々に次のように伝えました。
「今、秘密の募金をお知らせします。この匿名の善意は、人に知られないように、自分の名前を公開しないように求めていますから、誰かは言えませんが、匿名での募金です」
として、
「彼は、自分の生命の危険を顧みず、発電所の中に入った50人の勇士のために、この寄付を勇士の家族に寄贈しました。この寄付によって、彼らが自らを守ることができるように、5000万元(1億5000万円)を寄贈しました」。
寄付先についての説明は掲載されていないのですが、50人のもとに届けられることを願います。
http://rocketnews24.com/?p=88683

台湾という国は暖かい。
日本人のことを仲の良い外国人ではなく、親戚関係と思ってくれている方が多いそうだ。
この匿名で50人に募金してくれた企業は本当に日本のことを考えてくれているのだろう。きちんと50人の方の手に渡って欲しいが、まさかと思う人もいると思うが東電や民主党政府があれこれと理由をつけて横取りすることも十分にあるし、中国に配慮して募金自体を受け付けない可能性もある。

震災が起きて、ドサクサを利用して菅総理は仙石を重要ポストにつけたのも、この日本の国難を利用して中国や韓国へ有利にことを運ぶことを画策してのこと。
外交が正常に機能していない日本は外国から信頼を失うことになりかねない。
にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村

[ 2011/04/22 09:39 ] ライフライン・停電情報・尋ね人・その他 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ