上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島第一原発「排気の遅れ、水素爆発招いた」米紙ウォールストリート・ジャーナルが事故分析

23日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、福島第一原子力発電所の事故について、放射性物質の外部放出を懸念し、東京電力が格納容器内のガスの排出をためらったことで水素爆発を招いたとする分析記事を掲載した。
同紙は、同原発1号機は地震・津波の発生から半日たった3月12日午前2時半に格納容器内の圧力が2倍に達し、東電は排気を決めたとしている。

しかし、準備などに手間取り、実際に排気できたのは同日午後。その約1時間後に水素爆発が起きて原子炉建屋が破壊された。これに伴う炉心の損傷はなかったが、「壁」の一つが失われたことでその後の大量の放射性物質の放出につながったほか、炉の冷却のための作業を妨げる原因にもなった。

同紙によると、日米の専門家は排気の遅れで水素爆発が起きやすい条件ができたと考えている。放射性物質と水素を含む格納容器内のガスは、排気専用のパイプを経由して建屋の外にある排気塔に導かれるが、圧力が2倍になるまで待ったため、パイプの継ぎ目などからガスが漏れやすくなり、建屋内に充満した可能性があるという。
専門家は「放射性物質の放出を心配するあまり排気に慎重になったことが、事態を悪化させたようだ」とみている。水素爆発の防止を重視する米国は、格納容器内の圧力が耐圧の上限に達する前でも早めに排気を行うことにしており、同様の方針は韓国や台湾でも採用されていると指摘している。

米国では、1979年のスリーマイル島原発事故で作業員の判断ですばやく排気が行われ、原子力規制委員会(NRC)が追認したが、日本では排気は「最後の手段」として、電力会社のトップや政府の判断を待ってから行う体制。記事はこうした考え方の違いも排気の遅れにつながった可能性を指摘した。
http://www.asahi.com/international/update/0423/TKY201104230312.html

東電が津波の発生から半日たった3月12日午前2時半に決め手にも関わらず、どうしてそれが次の日の午後の排気になってしまったのか?
それは国会でも言われたが、13日の菅総理の福島原発視察のために排気を遅らさざるを得なかったのである。
この人が視察にきたところで何ができる人でもない。思いつきで行われた国民向けのパフォーマンスが大事故に繋がったのである。

この水素爆発でかなりの量の放射能が飛び散ったと思っている。
情報は隠蔽されているが、近くに住んでいた人のブログによれば、爆発で瓦礫や小石までもが飛んできたとのこと。また病院から避難する方達がかなりの量の被曝をしているのである。
よくチェルノブイリのようにならないとか言うが、そもそもチェルノは核爆発ではなく水蒸気爆発で大事故となっており、福島の爆発と同じなのだ。

衆議院議員 徳田毅のブログより抜粋
http://ameblo.jp/tokuda-takeshi/entry-10863321501.html
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1048.html

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村



[ 2011/04/24 11:04 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。