日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

蓮舫“恥辱”夫完敗「蓮舫、いまでは『ウソつき』『傲慢』といわれている」 

melto131.jpg


ダンナも選挙で仕分けされちゃった?! 24日投開票の東京都目黒区議選(定数36)で、蓮舫節電啓発担当相(43)の夫でフリージャーナリストの村田信之氏(44)=民主=が、55人中42位で落選した。蓮舫氏自ら応援に入ったのに、この大惨敗。圧倒的な集票力を誇った“仕分けの女王”の神通力も衰えたか。

「力不足。有権者に名前と政策を浸透しきれなかった」
落選が確定した村田氏は、敗戦の弁をこう語った。得票は893票で、最下位当選の1350票に遠く及ばなかった。
蓮舫氏は、民主党政権の中で数少ない人気閣僚。その夫の大惨敗は、民主党と蓮舫氏の人気凋落を象徴している。
蓮舫氏は選挙戦最終日の23日、東急東横線中目黒駅前で約30分、夫とツーショットで街頭演説を行った。それまで村田氏は妻の応援を断り続けてきたが、苦戦が予想されたため22日に急きょ決まったものだ。21日には、妻の顔写真をポスターに張り始めた。さらに自宅では、蓮舫氏も電話作戦に協力していた。
しかし、その支援も票には結びつかなかった。自民党都連関係者は「蓮舫氏は民主党転落の象徴だ。圧倒的な国民の支持で政権交代したが、いまでは『ウソつき』『傲慢』といわれている。その逆風が夫を直撃した」と語る。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110425/plt1104251136001-n1.htm

村田氏は最初は妻の応援なしで頑張ると言っていたのに、恥ずかしくないのか、こんなポスターまで作って。蓮舫の顔がくっ付いたことで余計に票が減ったと予想される。

初当選を目指す蓮舫大臣の夫・村田信之氏 東京・目黒区議選
蓮舫行政刷新相(44)の夫で、目黒区議選に立候補したフリーライターの村田信之氏(44)=民主党公認=は、愛妻の支えで初当選を目指す。
この日、妻は震災被災地の岩手県石巻市を視察。
夫の選挙戦にも「これだけ国が大変な時に手伝っていたら言語道断」(村田氏)と、応援予定は一切なし。
だが陰では、地元に配る選挙ハガキを重要視してなかった夫を「それじゃダメ!」と一喝。
行政刷新相に加え、節電啓発担当相として激務ではあるが、夜中と早朝に宛名書きを手伝っているという。この日も「頑張りましょう」と愛情あふれるメールで夫を激励した。
花見自粛に異を唱えた妻のためか、先日1人で花見をしたという村田氏は「自力で頑張る」と額の汗を光らせた。
スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110418-OHT1T00044.htm

それがこの有様である。
誰がどう見ても「蓮舫の夫」しか売りがない人。
フリーライターかフリーターかしらないがヒ○ではないのか?
妻の七光りで年収1800万を目当てに立候補したが、目黒区民はバカではなかった。身内だからってだけでほいほい当選すると思う段階で甘すぎる。
あの田中真紀子の夫ですら国会議員をしているというのに、42位とはよっぽど人間的な魅力もないのだろう。
またテレビを見ていて思うのだが、蓮舫氏の感じの悪い話し方、人を見下した態度、よくも、まあ、こんなに感じ悪い振る舞いができるのかと思うことがある。中国人そのものだ。

また記事の中に「敗因は、蓮舫の夫ということが浸透しなかったこと」。党と妻をかばい続けた。
4年後の再挑戦を決意した。
「区議選でこの票数なのに、2年後の都議選や、区長選なんてあり得ない」。スキンヘッドを叩いて悔しがった。

こんな輩までが都議選や区長選を考えていたとは・・・・。
本当に落選してよかったと思う。これもある意味、菅総理や江田ののおかげと思って良いかもしれない。

耐震化、震災対策、津波対策、緊急時対策予算、全部、蓮舫が仕分けした物。この災害の多い国でこんなことするなんて国賊そのものである。
にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村

[ 2011/04/25 18:02 ] 蓮舫 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ