上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「何という認識か」質問者あぜん…菅首相、震災特別立法の数を誤答弁

菅首相は30日の衆院予算委員会で、東日本大震災関連で成立した特別立法の数を問われ、「選挙期日特例法(被災地の統一地方選を延期する特例法)の1本だ」と答弁した。
実際には被災者の税の減免措置を定めた国税臨時特例法や改正地方税法など5本がすでに成立しており、質問した自民党の小里泰弘氏はあっけにとられた様子で「何という認識か。
政府の最高指揮官として当然関心を持っていないといけない」と厳しく批判した。
(2011年4月30日20時17分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110430-OYT1T00632.htm?from=main2

特別立法を作るにしても居眠りしていた証拠だろう。
まったく仕事をしていない。民主党びいきのマスコミだがそろそろ言葉狩りも始まりそうな勢いである。
民主党議員たちは保身のために菅を叩くだろう、かつい小沢を叩けば一時的に支持率があがったように菅をこっぴどく叩けばよくやったと選挙区の人間からの支持が上がる。

民主党が政権を取ってから日本は意地汚い国になってしまった。
差別差別と叫べばお金に繋がると、なりふりかまわず「差別」を口にする韓国。
民主党の身内であろうが、叩くことによって自分の株を上げる手法。よく似ている。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



[ 2011/05/01 11:50 ] 菅直人 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。