上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国の基準値を超す放射性牛肉を他の牛の肉と混ぜて小学校給食に使用

国の基準値を超す放射性セシウムが検出された牛肉、他の牛の肉と混ぜた上で納入され、横浜で肉じゃがとして小学校給食に使用
福島県浪江町の農家から国の基準値を超す放射性セシウムが検出された牛を含む229頭が出荷された問題で、
横浜市は24日、このうち基準値を超えた牛3頭の肉が市内で販売され、うち1頭が小学校給食に使われたと発表した。基準値を超えた肉の給食使用が判明したのは市では初めて。
市によると、3頭からは川崎市の検査で1キロ当たり593~719ベクレル(基準値同500ベクレル)のセシウムを検出。このうち719ベクレルが検出された牛の混ざった牛肉が5月13日に戸塚、泉、栄の3区で計16校の児童約8千人の給食に使われた。

問題の肉は24・4キロがほかの牛の肉234・4キロと混ぜた上で各校に納入され、肉じゃがとして提供された。1食当たり30グラムと少なく、市は「提供された牛肉すべてが問題の牛の肉だったとしても健康に影響はない」としている。
市は7月11日から給食への牛肉の使用を控えているが、この農家が出荷した229頭のうち、今回基準値超えが判明した1頭以外にも20頭が7月1日までに小学校給食に使われていたことが判明。うち1頭は221・6ベクレルと基準値を下回り、残る19頭は検査が済んでいないという。
ソース:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110824/kng11082422230006-n1.htm

また小学校給食に放射能汚染された食材を使っていることが判明した。
神奈川県は一体どうなっているのか?
在日朝鮮人、在日韓国人の勢力が強い場所ではあるが、学校給食に汚染されたものが使われる問題と関係しているのかもしれない。
業務上過失傷害ではなく、故意に行っているのである。
チェルノブイリ原発事故から25年もたった今でもドイツではキノコ類を食用禁止にしている。チェルノブイリより2500キロ離れたドイツでの話である。

ドイツは口に入れるもの8ベクレル/キロ超えたら禁止となっており、チェルノブ非常地帯地区でも40ベクレル/キロは禁止だったと記憶している。
日本は500ベクレル/キロの3回セーフルールを作っており、これでは明らかに放射能汚染が高まるのだが、被害がでるのはずっと後になってからなので、誰も真剣に取り組もうとしていないのが日本の現状なのである。

相次ぐ産地偽装、放射能に汚染された食品が学校給食へ流通、などは民主党によって故意に行われているのかもしれない。
遠まわしな大量殺人でも行うつもりなのか?


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ




[ 2011/08/28 16:33 ] 放射能汚染について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。