日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

NHK 情報操作して海江田氏を負けさせたのか?

NHKは29日、民主党代表選の決選投票の中継で、馬淵澄夫前国土交通相の対応について「海江田万里経済産業相以外の候補」を支援すると誤って伝え、後に「海江田氏に投票」と訂正した。
馬淵氏は代表選後、「海江田氏に投票した」と記者団に語っており、決選投票の結果に影響した可能性がある。
NHKは同日午前11時から民主党代表選を生中継。決選投票の開始後、アナウンサーが「馬淵前国交相は今日午前の出陣式で、決選投票になった場合は海江田経産相以外の候補者に投票するよう陣営に呼びかけた」と実況した。
その後、同じ番組の中で政治部記者が「正しくは馬淵さんが『増税すべきでなく、決選投票になった場合は、私の政策に近い海江田さんに投票していきたい』と表明した」と放送内容を訂正した。
NHK広報局は「馬淵氏の決選投票への対応については投票開始後に伝えたが、その後、取材情報に基づいて改めて馬淵氏の対応を伝えた」とコメントした。
http://mainichi.jp/select/today/news/20110830k0000m010136000c.html

既にマスコミは野田援護で「増税やむなし」「円高やむなし」の風潮を作り上げているようである。
今回のNHKの行動は財務省も絡んでいるようだ。
デフレ・円高に対策を講じないと企業はどんどん海外へ逃げていくだろう。
麻生元総理のように経済のことなどに精通しているわけでもなさそうな普通の人が総理になってしまい、多分震災復興よりも増税の方を安易に選択するだろう。

日本のメディアは情報工作機関である。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

[ 2011/08/30 03:09 ] 海江田万里 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ