上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「いつ決壊してもおかしくない状態」 台風でダム湖形成、決壊の恐れ 十津川村

台風12号による紀伊半島豪雨で、12人の死者・行方不明者が出た奈良県十津川村で、土砂崩れでせき止められた川の水が自然にたまるダム湖が形成されていることが5日、奈良県警への取材で分かった。
土砂は約80メートルの高さに達しているといい、再び雨が降って決壊した場合、二次災害を引き起こす可能性があるため、県警は周辺地域での捜索活動を打ち切った。

奈良県警の幹部は「いつ決壊してもおかしくない状態」と指摘。新たな土砂崩れや地滑りの危険も大きいことなどから、警察や消防による行方不明者の捜索や救助活動が難航する懸念が広がる。
山陽新聞 http://www.sanyo.oni.co.jp/news_k/news/d/2011090501000632/

土砂は約80メートルの高さに達しているとのこと。なかなか想像できない。対策としてはできたダム湖の自然消滅しかないそうである。
あまり知られてないが、民主党政権になってから水害や土砂災害が増えたのは、森林整備費を仕分けしたことが大きいのである。
民主党は災害に当てられている予算のほとんどを大幅に仕分けしたのは、選挙の公約の時に埋蔵金が探せば探すほどある、などという嘘をついていたために、実際にはほとんどなかった埋蔵金の穴埋めをするために必要な予算まで削っていたのである。

http://blog.livedoor.jp/rokuten1/archives/50956371.html

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


またどこかの中国エージェントにだまされた人たちが「人口台風」などと言いそうである。


[ 2011/09/05 19:52 ] 民主党政権の闇 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。