日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

YouTubeで韓国が国家ぐるみでK-POP人気捏造 韓国ユーザー全てのアクセス遮断

Googleが運営する動画共有サービス「YouTube」が韓国からのアクセスを遮断したと発表。

「韓国」と設定されているユーザーは動画をアップロードすることができなくなり、また再生にも規制が掛けられ、再生数も反映されなくなるという。
何故このような処置が執られたのだろうか? 実は韓国は国家ぐるみで自国K-POP推しをするために「YouTube」を使い、再生数を何百万回と再生数を上げているのだ。通常「YouTube」では1ユーザーにつき1日回までしか同動画でカウントされないが、韓国ではツールを使い複数のアカウントを切り替え再生数を捏造している。

そのためブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンといった世界的トップアーティストよりも、少女時代の再生数の方が上になってしまっている。こういったアタック行為に対して処置が執られたという。
韓国は「ブランド委員会」というものがあり、このようにYouTubeの再生数を伸ばす仕事が実在する。もちろん韓国側は表だって認めていない。木村太郎氏がこの件を発言したところ、干されてしまったことは記憶に新しいだろう。この発言により韓国の「ブランド委員会」からクレームが入り、圧力が掛かったと言われている。

しかしこのようにYouTubeに対策を取られてしまってはどうしようもなくなった今、ユーザーの設定国を偽装するツールを使ってでもアタックを仕掛けてくるのだろうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110912-00000012-scn-ent

国ぐるみでアクセスの不正をするところがいかにも韓国らしい。
自分たちの姿を一度鏡で見て見ると良い。意地汚い顔しているだろう。この国にとっては国際ルールもないのと同じである。
整形だらけで、ほうれい線が鼻の横からでている失敗顔をテレビに晒して、そこらへんの韓国らしい。
今度はユーザーの設定国を偽装するツールを使ってやる可能性がある。
少女時代がブリトニー・スピアーズを抜くなど、愚の骨頂である。
自分たちの身の程を知ればいいのに。


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

[ 2011/09/12 13:26 ] 韓国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ