日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

「竹島問題、国際司法裁判所に持ち込めば日本が勝つ可能性が高い」

何かと「竹島・独島問題」となればアツくなる韓国。常に「独島は韓国の領土」と主張するが、もし日本がこの問題を国際司法裁判所に持ち込めばどうなるか。産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏の解説を紹介する。

国際社会はすでに、日本の竹島領有は日本の韓国(朝鮮)支配の歴史とは無関係と判定しているのだ。
だから日本は1950年代から国際司法裁判所の判断に任せようと主張し、韓国はその不安から絶対反対を叫んできた(双方がOK しないと裁判は成立しない)。
国際司法裁判所に持ち込めば日本が勝つ可能性は高い。日本では改めてこの“攻め道具”が関心を集めているが、国際司法裁判所持ち込み論にも実は重大な難点がある。
というのは、裁判で韓国が勝てば、残念だけれども問題は起きない。日本は昔からその判断に従うと約束し、国民にも執着はない。しかし逆に日本が勝った場合、コトは収まらない。
韓国政府は訴訟に同意した手前、しぶしぶ領有権を放棄するかもしれないが、長年の強力マインド・コントロールで「わが国のモノ」と信じ切っている国民は簡単には島を手放さない。政府の警備隊が撤収しても民間の「独島守備隊」が「死守!」に向かう。韓国政府だって反日愛国世論に押されあらためて「死守!」に乗り出すかもしれない。
となった場合,日本はどうするか。自衛隊でも派遣し、自力で取り戻すか。いや、当初から国際社会で解決してもらおうというわけだから、それはない。
では「判決を無視した不法占拠」の解除を国連に頼むか。国連の説得にも韓国が応じなかったらどうなる?
以下はいかにも仮想小説じみてくるが、国連軍の出動となるかもしれない。「独島をめぐって韓国軍と国連軍が一戦を交える」というのは、日韓戦争モノが大好きな韓国の大衆小説にもまだないが。

韓国人は「独島」を反日愛国主義の象徴にいつも対日闘志を燃え上がらせる。この反日マインド・コントロールを緩和させるには、国際司法裁判所持ち込み論は有効だ。仮想的に「国連軍との一戦」など実に新鮮(?)ではないか。国際化や世界化が流行りで「世界に広がる韓流ブーム」に沸いている韓国だから、「独島問題」に国際的観点を注入してあげるのは一つの手である。

※SAPIO 2011年10月5日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110916_31291.html

実は竹島だけでなく、韓国は対馬も乗っ取る計画を立てており、すでに対馬には多くの韓国人が住んでおり、街路樹が勝手に抜き取られ、韓国のシンボルであるムクゲを植えたり、韓国資本が対馬の土地を買い取り、ハングルが氾濫しているのである。

“国境の島”対馬が危ない!街路樹勝手に抜き取られ、韓国のシンボルムクゲを植える無法行為も 自民・三原じゅん子氏絶句
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110916/plt1109161137003-n1.htm

韓国が竹島を侵略しにきた理由は民主党政権が韓国政権なので、日本に対してはルール違反が通用することをよく知っているのである。
理不尽なことをしてもとがめられない、国際紛争にならないことをよく知っている。

実際に韓国が竹島を占領しても民主党政府は国際裁判に持ち込むことはないだろう。そればかりか韓国へ渡す可能性も高い。
韓国が竹島をかすめ取りに来たのは竹島のまわりに海底資源である、少金属の一種「レアアース」(希土類)などの鉱物資源がある。
それを韓国側ははやくからわかっており、日本が竹島近辺の海底調査をしようとする猛反対した経緯がある。
韓国のこのずうずうしい侵略行為は対馬についても同じことが言えるだろう。

日本の周りには石油か海底資源が実は豊富にあることが最近になってわかってきており、核のない日本はこのままでは本当に消滅してしまうかもしれない。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2011/09/16 18:20 ] 領土問題関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ