日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

ギリシャで自殺が倍増 失業率は16%

財政危機に陥ったギリシャで、不況や増税による生活苦などから自殺者が急増、10万人あたりの自殺者数が年間6人に達し、危機が始まる2年前と比べて倍になった。
同国政府の調査などをもとに、20日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が伝えた。
10万人あたりの自殺者数が年10人を超す米国よりは低いものの、ギリシャはこれまで、自殺率が少ない国として知られていた。今年1~5月の自殺者数は昨年同期比で約4割も増えているという。
同国で自殺阻止に取り組む慈善団体にかかる電話相談件数は、従来1日あたり最大10件だったが、最近は100件に上る日もある。仕事を失い、生活に行き詰まった35~60歳の男性の相談が目立つという。
不況に加え、財政赤字削減のための増税や公務員数削減などが進められ、失業率は16%を超えている。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110921-OYT1T01049.htm

日本は一年間に自殺者3万人、不審死が10万人という国である。その10万人にはかなりの自殺者かぎ含まれるのだが、自殺者が多いとまずい、ということで不審死の割合を増やしているだけである。
それに比べたらまだギリシャはましな状態だったと思うが、最近は急に自殺者が増えてきたとのこと。それでもまだ日本よりは自殺者の割合は低い。

野田首相「ギリシャのために日本の金で欧州を助ける」 日本人には増税
野田佳彦首相は20日、日本政府は欧州のソブリン債危機をめぐる懸念を和らげるため、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)が発行する債券をさらに購入する意向があると述べた。
首相はダウ・ジョーンズ経済通信とウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、まず欧州連合(EU)内で危機にどのように対処するかのコンセンサスを作っていく必要があると言及。その上で、政府はユーロ圏の債務混乱を抑制するために役割を果たす用意があると語った。
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_309219

外国のことよりも、まず震災地、被災者である。日本は民主党政権なので未だに被災地は復興とは言えない状況である。


にほんブログ村 ニュースブログへ

[ 2011/09/21 20:14 ] 国際ニュース | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ