日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

野田首相の原発推進は今のところ愛国心からのものだろう

首相、菅流「脱原発」を次々修正…輸出政策継続

野田首相が菅前首相の「脱原発」路線の修正に踏み出した。
持論の財政健全化実現への「車の両輪」にすえる日本の経済成長には、原子力発電の活用による電力の安定供給が不可欠だとの思いがあるようだ。
22日、ニューヨーク・国連本部での「原子力安全に関する首脳級会合」で演説した首相は、「多くの国々が原子力利用を真剣に模索し、わが国は支援をしてきた。今後とも高い関心にしっかり応える」と述べ、海外への原発輸出政策を継続する意向を表明した。
訪米直前の20日に受けた米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューでは、再稼働の目標時期を明言した。立地県の理解と安全確認の徹底を条件にしながらも、「来年春以降、夏に向け、再稼働できるものは再稼働していく」と強調し、完成が近い建設中の原発についても稼働の可能性に言及した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110924-00000271-yom-pol

菅直人が孫正義の新規事業でのキックバックに目がくらみ「脱原発」を掲げて「再生可能エネルギー特別措置法案」と自らの辞任を取引して、与野党も菅さえやめてくれるのならば致し方ないとこの法案を成立させてしまった。
これはインフラを孫正義によって握られることになり、言い換えれば北朝鮮に第二のパチンコ税を日本人は国を挙げて払い続けることになる。
古い原発は見直す必要もあるかもしれないが、石破のいうように安全な原発を目指すべきである。
原発をなくすということは、日本の生産構造を根本から変えなければならず、多くの企業が高い電気料金や人件費のために海外へ流出してしまうだろう。
今後、この孫正義が野田総理に擦り寄ることも考えられる。

孫正義は菅直人だけでなく、原口にも巨大利権が絡む話を持ちかけているようだ。
原口の学校の教科書をパソコン化する計画があり、なんと孫正義と組んで一儲けしようとしている。

原口総務相「可能性の扉を開いてほしい」 孫社長「月280円でできる」 デジタル教科書の協議会発足…70社が参加
http://mainichi.jp/select/today/news/20100728k0000m040092000c.html
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-858.html

尖閣デモを妨害した人間がなぜか原発反対

昨年10月の尖閣諸島デモを妨害した2人のうちの1人の画像
http://i.imgur.com/oh7gc.jpg

今年4月10日の原発反対デモで参加者の整理をする人の画像
http://i.imgur.com/MUCPV.jpg

動画 http://www.youtube.com/watch?v=xnYALhFAX-U

石原「脱原発デモのバックにいるのは革マル派、中核派、原水協」
http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20110619ddp041040009000c.html?toprank=onehour

melto236.jpg




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

[ 2011/09/24 19:00 ] 野田内閣 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ