上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やはり出ているプルトニウム 東京の人は1日10個吸い込んでる

プルトニウム(Pu)が飛散している。Puの半減期は2万4000年で「吸い込むと1gで約50万人を肺ガンにできる」超猛毒物質。半永久的になくならない史上最悪の放射性物質だ。
こちらhttp://www.meti.go.jp/press/2011/08/20110826010/20110826010-2.pdf
経産省は8月26日、大気中への放射性物質の核種などをホームページ上で発表。こっそりと、できるだけ国民にバレないように公表しているようだ。大手マスコミもこれを報道しない。
経産省のHPによると、福島第一原子力発電所から放出された放射性物質は全部で31種類で、Pu239は32億ベクレル放出されているという。
9月末には、福島第一原発からおよそ45キロ離れた福島県飯舘村の土壌からも、国の調査で、事故によって放出されたとみられるプルトニウムが検出されている。
事故当初、「プルトニウムは重い物質なので遠くには飛ばない」と国や東電は説明していたのだが…。またまた国民はだまされたようだ。
さらに、御用学者といわれる中川恵一東京大学医学部放射線科准教授も「飛ばない」と安全デマを流していた。原発事故に関して、国、東電、御用学者には捜査のメスが入らないのはなんでだろう? 法治国家としてなしてないのでは?
アメリカの原子力専門家のアーニー・ガンダーセン氏は「4月の段階でシアトルの人たちは1日当たり5個ものプルトニウムを肺に吸い込んでいた。東京の人は1日当たり10個吸い込んでいる」と説明。恐ろしいことです。。。
http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=16007

Pu239は32億ベクレルを放出する放射性物質である。プルトニウムは重いと勘違いされているがそれは違う。

軽いプルトニウム
純粋な銀色プルトニウムは比重19.8で、純金比重19.3とほぼ同じ重さであるが、MOX燃料の黄褐色の二酸化プルトニウムは比重10で、純金の半分の重さで軽い。さらに粒径1マイクロメートルといわれている。
要は金箔よりも二酸化プルトニウムは軽いし小粒でヒラヒラと飛んで浮遊するのである。
国交省のサイトでも、中国共産党の核実験で中国大陸に降り積もったとても古いプルトニウムが、黄砂に乗って日本へ飛来すると観測している。 (web魚拓保存あり)
http://www.mri-jma.go.jp/Dep/ge/2003Artifi_Radio_report/chapter8.htm
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-789.html

また地球上のどこにでもプルトニウムはあるんだから大丈夫などという御用学者がでてきそうだが、微量であっても決して安全ではない。
現に厚労省は動いている。

厚労省がプルトニウム排出薬を緊急承認
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011060300839
これは、事故などで放射性物質を体内に取り込んだ場合に注射すると、薬に含有されているカルシウムや亜鉛と置き換える形で、放射性物質を尿の中に排出することができる薬である。

【送料無料】どうするプルトニウム

【送料無料】どうするプルトニウム
価格:2,100円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


[ 2011/10/07 00:34 ] 放射能汚染について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。