日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

皇室に女性天皇が誕生するか 女性の皇位継承に賛成するという回答は77%

男性の少ない日本皇室の事情を考慮して、女性も皇位を継承できるようにする案が検討されている。
皇室業務を担当する宮内庁は先月初め、野田佳彦首相に、女性皇族が結婚後も皇族の身分を保つよう『女性宮家』の創設の検討を要請をしたと、読売新聞が25日付で報じた。

皇室の諸般事項を規定した皇室典範の第1条は、「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と規定している。
また、皇室典範12条は、女性皇族が一般の人と結婚したときは、皇族の身分を離れるとしている。
このような状況で、女性宮家の創設を検討することは、窮極的に女性にも皇位継承の門戸を開く布石とみえる。
宮内庁が首相にこれを緊急案件として提案したことは、事実上、天皇の意思が反映されたと見なければならない。
東亞日報 
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2011112692288

このアンケートは悪意のある形で行われているか可能性が高い。
女系天皇と女性天皇の区別をあいまいにして行われている。過去にも推古天皇という女性の天皇がいたのだが、女系ではなく、推古天皇は男系女子の女性天皇であり、女性が天皇になった場合、その女性天皇は婚姻してはならず、ましてや子供を作って後を継がせることなどなかった。

きっと小和田家とその背後の人たちが未だに天皇家乗っ取りを諦めていないのでこんな話がでてくるのだろう。
こういう問題が起こったのは現東宮のお妃選びに問題があったと私は思う。何度も運命の出会いという見え透いた罠にまんまと引っかかってしまい、雅子様を本当に運命の人だと勘違いしてしまった。

この記事は東亞日報のものなので朝鮮人の方たちがなんとかして日本の伝統ある天皇家に入り込もうと画策している可能性はとても高い。

雅子妃と大鳳会(外務省の創価学会会員のグループ)との食事会
雅子夫人が平成17年1月18日六本木全日空ホテルにて外務省時代元同僚3人(全員男性、3人全員が大鳳会メンバー)と夜遅くまでディナー、密談・会食していたことが週刊文春にすっぱ抜かれている。

1993年6月9日 雅子と徳仁の結婚パレードを祝福する日の丸の中に、創価学会の三色旗が。
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1283652485546.jpg

皇太子同妃両殿下結婚パレード3/6 
http://www.youtube.com/watch?v=nW9T71pLMvM
開始14秒あたりと、3分23秒あたりで、画面上部に創価学会の三色旗が写り込んでいる。

雅子様はどうしてご公務を放棄しているのか?
創価学会は他宗教行為に関わることを硬く禁じており、神社の鳥居をくぐることを拒否したり、信者でない親戚の葬式に欠席するなどという行為が学会員の特徴である。
ご成婚から宮中祭祀をサボりまくっている雅子夫人の態度は、まさに他宗教行為を禁じる創価学会の姿勢に一致するものであり、それは雅子様が学会員だからと言われても仕方ないのではないか?

天皇陛下はここ最近体調を壊されるほどの激務に晒されているが、これについて宮内庁は黙認状態である。
宮内庁の中にも隠れ学会員が潜んでおり、陛下や秋篠宮家をなんとか陥れようとしている可能性も十分に考えられる。

しかし、残念ながら日本の八百万の神々は雅子様には男子をお授けにはならなかった(笑)。そして正しい継承者へ継承者は授けられるのである。

創価学会が小和田恒氏に送った「外遊特別待遇」要請書
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1228313680069.jpg

実録!平成日本タブ-大全(1)

価格:680円
(2012/1/19 22:45時点)
感想(5件)



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

[ 2011/11/27 18:53 ] 皇室・王室について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ