上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島第1原発事故で溶融した核燃料は今、どこにあるのか 東京電力、11月30日に見解発表

福島第1原発事故で溶融した核燃料は今、どこにあるのか─―。原子炉周辺が高線量であるため直接的な炉心損傷の観察ができない政府と東京電力は、未だにこの疑問に答えられないでいる。にもかかわらず政府は「年内冷温停止状態の達成」を規定路線としており、これに対して専門家からは疑問の声が相次いでいる。こうした中、東京電力は2011年11月25日の会見で、燃料の状況や位置等に関する見解を11月30日に示すことを明らかにした。

圧力容器から溶け落ちた核燃料があると見られている鋼鉄製の格納容器の厚さは約3センチ。フラスコ状の底部は、平らにするために厚さ約2.7メートルのコンクリートが敷かれている。その下は基礎マットとして約10メートルのコンクリートが打たれている。
抜け落ちていると見られる核燃料は、格納容器の底で留まっているのか。それとも、基礎マットの
コンクリートまで達しているのか。あるいは、原子炉建屋の底を突き破って地下に漏出しているのか――。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw152868

チェルノブイリではコンクリートで核燃料は止まった。
コンクリートの溶ける温度と核燃料の温度では核燃料のほうが高いのだが、溶かしていくうちに核燃料にコンクリートが混ざっていくので、核燃料の融点はコンクリートよりも低くなるので止まることになる。
厚さ約2.7メートルのコンクリートが敷かれているとのことなので、普通に考えたら止まっているはずだが、3号機の核爆発にも似たあの爆発で燃料プールの使用済み核燃料はばらばらになっているはずである。

原発近くを観察した人のブログには地表から水蒸気が立ち上っていたと書いてあったが、本当はどうなのだろうか?
東電が記者会見したところで本当のことをいう可能性は低い。

【送料無料】核燃料サイクルの闇
【送料無料選択可!】六ヶ所村の記録 上-核燃料サイクル基地の (岩波現代文庫) (文庫) / 鎌田慧/著
【送料無料】核燃料サイクルの黄昏

にほんブログ村 ニュースブログへ


[ 2011/11/27 21:08 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。