日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

麻原彰晃死刑囚の「Xデー」 年内に来るか

11月22日、大手新聞各紙に「オウム裁判終結」の見出しが並んだ。その背景を大手紙司法担当記者が明かす。
「これだけ大きく報じたのは、裁判終結が麻原はじめオウム真理教の死刑囚たちの刑執行に大きく関わってくる
からです。我々は麻原の死刑執行が年内いつ行なわれてもおかしくないと見ています。すでに予定原稿の準備は
半ば終わっていますから」
麻原死刑囚の控訴が棄却され、死刑が確定したのは2006年のことだ。確定死刑囚の刑執行までの平均拘置期間は5年11か月。共犯者の裁判が終結したことで、いつ麻原死刑囚の「Xデー」が訪れても不思議ではない。
一方、麻原死刑囚の年内執行説が囁かれるのには、こんな事情もある。法務省関係者の話。
「昨年7月、千葉景子法相のサインによって、2人の死刑囚が執行されて以降、死刑は行なわれていません。
1年通じて死刑が未執行ならば1992年以来で19年ぶりの事態になる。メンツを気にする法務官僚たちは焦っていることでしょう。
NEWSポストセブンEWS 2011.11.28
http://www.news-postseven.com/archives/20111128_72614.html

民主党なので死刑はないと思われるが、この政党には最初から理念などはない。
旧社会党も社民党も民主党も自民党の反対意見を言うだけの政党である。
表向きは死刑執行はしない姿勢をとっているが、去年、あの千葉景子も死刑執行にサインをしており、金賢姫の来日と死刑執行を取引したという噂もある。

そろそろ次の選挙のことが頭にあるだろうから、支持率も気になっているだろう。支持率アップ狙って執行する可能性も考えられる。

今だから言える日本政治の「タブー」

価格:1,680円
(2012/1/19 22:43時点)
感想(3件)



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2011/11/28 20:05 ] その他日本の問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ