上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「橋下氏、けんか民主主義を続けるのか。このままでは大阪支配との批判が強まろう」北海道新聞

大阪の府民、市民は都構想にゴーサインを出したことになる。ただ、有権者は橋下氏らに白紙委任状を渡したわけではない。選挙結果がすべてだとして少数意見を無視して強引に物事を推し進めることは、民主主義とは相いれない。
橋下氏は当選後「府や市の職員、教育委員会は選挙結果をしっかり受け止めるように」と強調した。
公約である職員基本条例や教育基本条例制定への反対は許さないという姿勢だ。考え方が違う勢力を敵と見なす得意の「けんか民主主義」を、今後も続けるつもりなのだろうか。
ダブル選挙の主役はまぎれもなく橋下氏だった。それだけに、このままでは「橋下氏による大阪支配」との批判が強まろう。「独裁」で押し切るのではなく、政策への理解を得ていく姿勢が、橋下氏らには欠かせない。

都構想は、大阪府と政令市の大阪市、堺市を解体して大阪都に一本化することを目指している。両市の区は、中核市並みの権限を持ついくつかの特別自治区に再編される。区長も区議も選挙で選ぶ。住民と向き合う仕事は市町村や特別自治区が担い、経済の成長戦略や雇用対策など大阪全体に関わる課題は都が引っ張っていく考え方だ。
人口や経済の規模が飛び抜けて大きい政令市と道府県の関係をどう位置づけるか、政令市内の分権をいかに進めるかは、全国共通の課題だ。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/334445.html

読売、朝日、毎日、北海道新聞などは一斉に橋下叩き。
特に北海道は日教組の力が強い場所で、先の衆議院選挙の時は日教組の教師が教え子たちに「民主党へいれるように」と依頼し、選挙違反が堂々と行われた土地である。

北海道新聞がなぜこんなにムキになるのか?飛び火するのがこわいからだろう。

民主党と日教組

価格:1,575円
(2012/1/19 22:42時点)
感想(2件)



にほんブログ村 ニュースブログへ


[ 2011/11/28 20:33 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。