日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

橋下氏、「大阪市営地下鉄・バス」を4年以内に完全民営化 市バス運転手は年収800万近く

大阪市長選に当選した「大阪維新の会」代表の橋下徹氏が、市営交通の持ち株会社を設立し、地下鉄とバスの両部門をそれぞれ子会社にして傘下に置く方針であることが分かった。株式を上場し、4年以内の完全民営化を目指す。来春にも民営化に向けた専門家チームを発足。所管する市交通局長には民間から鉄道関係者の登用を検討している。
橋下氏は、市長選で市営交通の民営化を掲げていた。市営地下鉄は、ピーク時に2933億円あった累積赤字を昨年度、全国の公営地下鉄で初めて解消した。
今年度も150億円超の黒字を確保する見込み。一方、バスは10年度決算で15億円の赤字を出し、28年連続赤字となっている。

維新関係者によると、地下鉄とバスをそれぞれ別会社とし、両社を傘下とする持ち株会社を設立。株式は4年間ですべて売却する。連結決算になれば、黒字と赤字を相殺し、節税につながるメリットがある。廃止が検討されるバスの不採算路線についても、住民生活の上で維持が必要と判断した場合は公費を投入していくという。
維新は市長選マニフェストで、市営地下鉄・バス事業を完全民営化し、私鉄との相互乗り入れなどにより、運賃を値下げするとしていた。維新関係者は「持ち株会社を設立すれば、株式の売却もしやすくなる」と話している。(抜粋)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111129k0000e040076000c.html

大阪市バス運転手、職員食堂に勝手に自販機置いて収入得る…ちなみに市バス運転手の平均年収811万円
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1247192577/

平成22年度決算
営業収益  12,543,927,158円
人件費   9,841,588,822円
諸経費   9,887,466,791円
営業利益 ▲7,185,127,545円

職員数        904人
一人当     10,886,713円


市営バスの職員の平均年収が800万、売上げ125億に対して、人件費100億、今までこれが放置されていたとは大阪は本当に腐っているのかもしれない。
大阪みたいな大都市なら市バスで十分採算が取れるはずであるが、大阪市のように左翼に支配されている仙台市も同じような状況だという。
大阪の役人天国は世界的にも例を見ない。

官僚の正体がズバリ!わかる本 (KAWADE夢文庫)
官僚国家の崩壊
日本中枢の崩壊

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2011/11/30 01:35 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ