上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウィキリークス 製薬会社ファイザーがナイジェリアの子供たちに臨床実験、11人 死亡 消し工作へ

ウィキリークスが今度は米国、ニューヨークに本社を置く世界最大の製薬会社ファイザーが誤った臨床実験の賠償金不払いのために汚い策略を働かせた事実を暴露した。

9日に公開されたナイジェリア駐在米国大使館発の昨年4月電文を見れば、ファイザーのナイジェリア支社長 エルリゴ リゲリーは米大使館経済参事官に「ナイジェリア政府がファイザーを相手に提起した訴訟を取り下げさせるため、マイケル アオンドアカ法務長官の不正を裏調査した資料を言論に渡した」と話した。彼はまた「より致命的な情報も確保している」と自慢しながら「追加暴露報道を憂慮したわいろ提供者らがアオンドアカ長官に訴訟取り下げを圧迫中」と明らかにした。
また別の専門はファイザーがナイジェリア前職大統領のヤコブ・ゴウォンを動員し、賠償金要求金額を1億5000万ドルから半分の7500万ドルに下げるようカンノ州州知事に圧力を加えた事実も含まれている。

電文に登場する訴訟は、1996年ナイジェリア北部のカンノ州の子供の髄膜癌大規模発生時に逆上る。
当時ファイザーは数千名の患者の中から200人余りの幼い患者を選別し100人に対し新しい抗生剤であるトゥロバンを臨床実験し、残る100人に対しては米国で最高の髄膜炎治療剤として知られたセプトゥリアソンを投薬した。その結果、トゥロバン投薬患者の内 5人、セプトゥリアソン投薬者の内 6人が死亡し、ファイザーでは‘悪くはない結果’を得た。
http://news.livedoor.com/article/detail/5201336/

ヨーロッパやアメリカの製薬会社のほとんとがアフリカに工場を持っており、でている記事はほんの氷山の一角でまだこういった死亡事件は多いのではないか?
『ナイロビの蜂』という映画はアフリカにはびこる薬物実験の実態、製薬会社と外務省の癒着を描いたものである。
アフリカにはエイズがいまだに蔓延しているが、そのアフリカでエイズの薬は作られ、日々アフリカ人によって人体実験がなされているのである。

HIV陽性と陰性のカップル4758組を使って臨床試験、飲み薬でエイズ感染を7割予防できた
国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)は2011年7月13日、エイズ治療用の飲み薬の服用でエイズウイルス (HIV)感染が6割から7割予防できることが明らかになった、と発表した。
アフリカでは全国民うちの何割もの人がHIV感染している国があり、感染の防止策が緊急の課題になっている。
米国ワシントン大学グループの臨床試験は、東部アフリカのケニアとウガンダの4758組のカップルで行われた。
どちらか一人はHIV陽性で、もう一人は陰性というカップルを選んだ。避妊具使用のうえ、陰性のパートナーは、1日1錠の抗ウイルス薬テノフォビルを飲むか、テノフォビルとやはり抗ウイルス薬のエムトリシタビンの合剤を服用するか、または偽薬を飲むか、の3通りに分けられた。その結果、感染は合剤群で73%、テノフォビル群で62%、いずれも偽薬グループに比べて減少したという。
http://www.j-cast.com/2011/07/28102777.html

にほんでも福島を舞台に日本の子供たちを使った人体実験が行われていると言ってもよい。

【23%OFF!】ナイロビの蜂(DVD)

【23%OFF!】ナイロビの蜂(DVD)
価格:3,072円(税込、送料別)



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


[ 2011/12/01 19:22 ] リーク・暴露 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。