日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

元内閣安全保障室長・佐々淳行氏 「現在の状況では、国民の支えとなれるのは秋篠宮殿下と紀子様。秋篠宮を摂政にすべきだ」

天皇陛下のご退院で国民の間には、安堵の念が広がった。しかし、ご入院が18日間の長期にわたるなか、皇室のあり方をめぐる議論も、これまでとは異なる展開を示し始めている。
本誌11月25日号では摂政設置についての議論を取り上げたが、さらに一歩踏み込み、「秋篠宮を摂政に」と問題提起する人がいる。元内閣総理大臣官房・内閣安全保障室長で、昭和天皇の大喪の礼の警備担当実行委員も務めた佐々淳行氏がいう。

「両陛下には十分休養をとられ、いつまでもお元気でいて頂きたい。そのためには摂政宮の設置が急務です。しかし、皇太子殿下は今、雅子妃のご病気のことで目一杯になられている。大震災に際しても、ご高齢で病気でも苦しまれている両陛下が被災地へのお見舞いに何度も行かれているのに、皇太子殿下、そして雅子妃のお見舞いの回数は少なかった。まず雅子妃に本格的に療養して頂き、皇太子殿下も雅子妃の治療に専念されてはどうか。摂政を秋篠宮殿下にお任せし、雅子妃が回復されてから、再びご公務に戻られればいいでしょう」

摂政とは、日本の歴史においては、天皇の勅命を受け、天皇に代わって政務を執る職をさす。
現在その資格者については皇室典範で定められており、順位は【1】皇太子、皇太孫、【2】親王および王、【3】皇后、【4】皇太后、【6】太皇太后、【7】内親王および女王、と決まっている。

皇室典範の第18条で「摂政又は摂政となる順位にあたる者に、精神若しくは身体の重患があり、又は重大な事故があるとき」は、皇室会議の議によって「摂政又は摂政となる順序を変えることができる」とも規定されているが、現状では秋篠宮が摂政に就任することはできない。
そこで佐々氏は、秋篠宮が摂政に就任できるように皇室典範を改正すべきだとも主張する。「そして弟君の秋篠宮文仁親王を『摂政宮』とし、秋篠宮妃紀子殿下を『摂政宮妃』とする。
悠仁親王には当代最高の傅役(かしずきやく)をつけ、幼いうちから帝王学をお教えすべきです。男系の将来の天皇を傅育(ふいく)しなければなりません」
http://www.news-postseven.com/archives/20111201_72862.html

もっともな意見だと思う。
申し訳ないが、皇太子も最近ではご公務を大幅に減らされて東宮御所へ引きこもっている。
もはや天皇家を東宮家が告ぐのは無理だろう。

皇太子の不適切な行動
陛下が希望されているのに週一の参内をしない。

公務先でアスペ気味な発言(子供を病で失った親へ「うちの娘も七歳です」「寂しくないですか?」

親と暮らせない養護施設の子らへ「愛ちゃんパパです」等)

海外での公式行事中に持参のデジカメでカメラ小僧

皇太子妃は療養に専念、または廃妃、秋篠宮殿下、紀子さまにがんばってもらいたい。
あまり報道はされないが、天皇は日ごろから多くの祭祀をなさっている。その伝統的な祭祀を皇太子夫婦に伝授することすらできないだろうし、教えたところで雅子さまはその教えをないがしろにするだろう。
ご成婚前からみているが、雅子妃は天皇家を馬鹿にしているし、この人物は別の目的で天皇家に入り込んだ人間だと私は思う。



にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2011/12/01 20:44 ] 皇室・王室について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ