日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

谷亮子氏が政治資金で5万円ヘア・メーク

2010年分のの国会議員の政治資金収支報告書で、谷亮子参院議員が、ヘア・メーク代として5万2500円を支出していたことが分かった。
派遣元の関係者によると、昨年の5月の初登庁日にヘアメークが必要だということで、代理店から依頼を受けてアーティストを派遣し、谷氏のチラシ撮影のヘアメークを担当したという。
「これくらいの値段で、と言われて、うちは若手のアーティストを行かせました。撮影は一日仕事で、ずっと付添っていました」という。
アーティストによって、また仕事の種類によって値段は違うようだが、一流女優がCMなどでA級のアーティストが担当するならば100万円以上になることもザラだという。
5万円という価格は、業界的にはかなり安い方だという。
ただ支出の目的欄に「ヘア・メーク料」という記述をしたのは、これが初のケースではないか。むしろヘアメークに使うということへの驚きが強い。
http://news.livedoor.com/article/detail/6084081/

この人は議員ではないと私は認識している。何もできないししようともしていないではないか?
福岡出身のこの人が地元から出馬しなかったのは、この人の父親に関することが原因らしい。100万かけてヘアメイクしてもならん変わりないだろう、税金の無駄なのでやめて欲しい。

谷亮子、父が詐欺罪で逮捕、暴力団賭博で実刑の過去!
http://entameblog.seesaa.net/article/150467214.html

谷亮子の父親はチンピラ
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2010/05/post-ebec.html

ヤワラちゃん谷亮子 父親は保険金詐欺 弟は覚せい剤 実家は犯罪一家
http://2009.itainews.com/archives/2010/05/post-2791.html

谷亮子の父、「週刊文春はタタキ殺す!」と恫喝
「谷亮子 スキンヘッドの父が小誌記者に『文春はタタキ殺す』」(「週刊文春」7月22日号)

参議院選挙が予想以上の民主党惨敗で終わり、どの週刊誌も菅直人総理大臣バッシング記事がトップを飾っている。
代表が替わっただけなのに、自分への国民の期待の高さだと錯覚して、もともとありもしないリーダーシップを発揮しようと焦り、 党内合意もないまま消費税をぶち上げた。挙げ句に、言動がコロコロ変わっての自滅である。しょせん、総理の器ではないのだろう。
これで消費税論議は凍結かと思っていたら、そうではないと、14日付の朝日新聞が一面でこう書いている。
朝日が12、13日に実施した全国調査によると、「消費税の議論を『すすめた方がよい』とする人は63%と 『すすめない方がよい』29%を大きく上回り、大勢は議論の必要性を認めていることがわかった」そうだ。
大新聞はあくまでも、消費税を上げる方向へ世論を誘導したいようだが、 今回の参院選で、国民は「消費税10%ノー」とレッドカードを出したではないか。やるべきは、無駄な官僚や政治家の削減である。

菅総理と並んで、総攻撃を受けているのが、柔ちゃんこと谷亮子。投票日前日、富士登山を敢行した彼女の写真を撮り、 「政治家を目指すよりヒマラヤを目指せ」と書いた「新潮」もいいが、「文春」の嫌みたっぷりの書き方を上と見る。

谷の父親・勝美氏に、「保険金詐欺で逮捕、保釈中に暴力団賭博に関わり再逮捕、 保険金詐欺で実刑を受けた」過去があると書いた「文春」が、当選後に当人を直撃すると、 勝美氏が、「『週刊文春』? タタキ殺すよ。コメントすることない! 週刊誌ごときに話すことはない!」と怒鳴り上げる。
しかし「文春」は、「娘の公人としての門出の日に、まことに、"紳士的な"対応の勝美氏であった」と書く。「文春」に座布団一枚!
http://www.cyzo.com/2010/07/post_4994.html
http://www.news30over.com/archives/567945.html



にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2011/12/02 21:07 ] 谷亮子 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ