上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アフガン イギリス兵、チョコレートねだった男児を銃剣で刺し重傷 賠償金万2千円

アフガニスタンに駐留中の英軍兵士が10歳のアフガン人男児を銃剣で刺し、重傷を負わせていたことが4日、分かった。3日付の英紙ガーディアンが伝えた。兵士は軍法会議にかけられ、1年6月の懲役を終えて除隊になった。
事件は昨年3月、南部ヘルマンド州で発生。自転車に乗ってお使いに行く途中だった男児が兵士にチョコレートをねだったところ、兵士は男児の肩をつかみ、背中を銃剣で突き刺したという。兵士は前日、大量のウオツカを飲み、事件当時は二日酔い状態だった。
男児の父親によると、男児は一命を取り留めたが、いまだに学校には行けない状態という。
一家は英軍に4万ドル(約310万円)の賠償を要求したが、800ドル(6万2000円)しか受け取っておらず、謝罪も受けていないとしている。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/04/kiji/K20111204002169850.html

こんな報道はごく一部で実際にこういう事件はアフガンやイラクではしょっちょうあるのではないか?
タリバンは子供を使った自爆テロをすることから、戦地は殺伐とした雰囲気なのだろうと思われる。
このイギリス兵氏がしたことは許せないが、もっと許せないのは「英軍に4万ドル(約310万円)の賠償を要求したが、800ドル(6万2000円)しか受け取っておらず、謝罪も受けていない」ことだろう。

【送料無料】アフガニスタンの診療所から

【送料無料】アフガニスタンの診療所から
価格:609円(税込、送料別)



にほんブログ村 ニュースブログへ


[ 2011/12/05 00:34 ] イスラム情勢 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。