上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦後の日本はイラクやアフガンと同じ 「ルーズベルトは、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」

ハーバート・フーバー第31代米大統領(1874~1964年)が、日本軍が1941年12月8日、米ハワイの真珠湾を攻撃した際の大統領だったフランクリン・ルーズベルト(第32代、1882~1945年)について、「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」と批判していたことが分かった。
米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だったフーバーのメモなどを基に著した「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」で明らかにした。

真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。
ドイツと同盟国だった日本を対米戦に引きずり込もうとした-などとする“陰謀説”が日米の研究者の間で浮かんでは消えてきたが、米大統領経験者が“陰謀説”に言及していたことが判明したのは初めて。
ナッシュ氏の著書によると、フーバーは第33代大統領のトルーマンの指示で戦後の日本などを視察。
46年に訪日し、東京で連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー元帥と会談した。
その際、フーバーはマッカーサーに対し、日本との戦争は「対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『狂気の男』の願望だった」と指摘。在米日本資産の凍結など41年7月の経済制裁は「対独戦に参戦するため、日本を破滅的な戦争に引きずり込もうとしたものだ」と語ったという。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n2.htm

日本が太平洋戦争に突入せざるを得なかったのは石油を止められたからである。
アメリカはドイツと戦争したくて、ドイツ海軍のそばをウロウロして、間違って攻撃して来たらそれを口実に参戦するつもりだったが、ドイツが誤射をしないので、日本へと標的が変わったのである。
米と独には接点がなかったので同盟国の日本に開戦させ、日本の同盟国ドイツを叩き欧州戦線に参戦する口実を作ることができた。
今の日本でも、石油や食料の輸入を止められたら戦争するしかないだろう。

敗戦したことによってすべて相手国に都合のいいように歴史を変えられ、そして二度と牙を剥かないように「日本は悪いことをした」というGHQ主導で日本人は教育をされたのである。
今でも日本は悪いことをしたと思っている年配の人が多い。それが日本の癌となっている。
日本は侵略戦争をしたから悪いというが、戦争のほとんどが侵略戦争である。2011年の価値観で100年近くも前のことを考えるなど愚論である。
日本人でありながら正しい歴史を学ぼうともせずに自分の国を悪く思う情けない人たちが日本にいるのはそのためである。

まさに戦後の日本は今のアフガンやイラクと同じ状態で、文化を壊され、歴史を変えられ、欧米の企業が大量に入り込み利権が出来上がる。
日本で言えばいろいろとアメリカとの取り決めがあり、例を挙げれば飛行機を作ることが禁止されている、癌保険の会社を作ることが禁止されているなどがある。
福島が放置されている状態の意味するものは、癌に対する不安が広がり、将来的にがん患者が増え、アメリカの癌保険会社に膨大な日本のお金が転がり込むことだと思う。

原爆投下はアメリカの中でもアイゼンハワーなどは「日本はもう手を挙げているではないか、原爆投下する必要はない」と反対していた。
実験的に黄色人種を使ったというのも事実だろうが、一つには日本が日露戦争に勝って白人を負かしたこともあると思う。
アジアは何百年も白人の植民地支配が続いており、日露戦争で日本がその白人に勝ったことで、アジアの主要人物が次々と日本を訪れて日本を賛美している。
日本はアジアの英雄になり、そして出る杭は打たれることになった。
結果的には日本が第二次世界大戦で負けたことにより、アジアの植民地が解放されたのである。アジアに親日国が多いのはそのためだ。

イランも日本と同じ道を進んでいる。
欧米諸国はイランが挑発に乗ってくるのを待っていたが、見事に引っかかり、下手したら第三次世界大戦へと突入する勢いである。軍事的に差がありすぎるのでイランに勝ち目はないだろう。

フランクリン・デラノ・ルーズベルト
日本に対しては日系人の強制収容を行い「日本人の頭蓋骨は白人に比べ二千年遅れている」と周囲に語るなど日本人への人種差別的な嫌悪感を強く持っていたことでも知られ大戦中は常に強硬な対日姿勢を取った。

生い立ちと家族
フランクリン・ルーズベルトは1882年1月30日にニューヨーク州北部のハイドパークで生まれる。
彼の父親ジェームズ・ルーズベルト(1828年 - 1900年)は、デラウェア・アンド・ハドソン鉄道の副社長であり裕福な地主であった。

ルーズベルト家は1650年頃にオランダのハールレムからニューヨーク(当時はニュー・アムステルダム)に移住した。wikiより。

【送料無料】戦後歴史の真実

【送料無料】戦後歴史の真実
価格:630円(税込、送料別)



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


[ 2011/12/08 23:25 ] その他日本の問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。