上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国国家主席が海軍に戦闘準備を要請 中国とアメリカの緊張が高まる

南シナ海の領土問題を巡る中国とアメリカの緊張が高まる中、中国のコキントウ国家主席が、海軍に対して戦闘に備えるよう呼びかけました。
イギリスの衛星テレビ局スカイニュースによりますと、コキントウ国家主席は、7日水曜、首都北京で開かれた中央軍事委員会の会議で、海軍に対し、世界平和と国家の安全保障にさらに貢献するため、軍備の改良を加速し、軍事闘争への備えを拡大させるよう求めました。中国は、11月末に「南シナ海で海軍の軍事訓練を行う」と発表していました。
また、温家宝首相も、先月、戦略的で豊かな資源を有する南シナ海の領土問題など、地域の対立に外国軍が干渉することについて警告を発しました。
中国は台湾と同様、この海域の完全な領有権を主張していますが、南シナ海については、東南アジアの4カ国もその領有権を主張しています。今年初め、アメリカの国防総省は、「中国政府が海軍の増強に力を入れており、高性能の武器購入に多額の投資を行っている」と警告しました。

▽iran japanese radio 2011年 12月 08日(木曜日) 16:55
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=23439:2011-12-08-12-31-33&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

アメリカと中国は裏で組んでいるだろうから、利害が合えば戦争することもあるだろうが、それなら先に北朝鮮と韓国という形での戦争になるだろう。
南シナ海の領土問題ということであれば、台湾だと思う。
ただ、台湾は戦争してまで侵略しなくとも、野党である国民党が日本の民主党とまったく同じ手口で与党を倒したので、政治によって侵略できるのではないか?
台湾が中国になれば日本の原油輸送ルートの90%以上は台湾海峡を通っており、そこが使えなくなる可能性が高い。
台湾が中国になることは日本にとってはとても不利益になるに違いない。

今まで中国は戦争ではなく、人口の多さで移住という形で他国を乗っ取ってきた。
覇権主義ではあるが戦争はしない国だったのだが、バブルがはじけたことによって本格的に戦争を仕掛けてくる可能性もなくはないと思う。



にほんブログ村 ニュースブログへ


[ 2011/12/09 01:24 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。