日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

遊園地「グリーンランド」、知的障害者に遊具制限 人権侵害との指摘

熊本県荒尾市の遊園地「グリーンランド」が今秋から、知的障害のある来園者は一律に、施設内にある約6割の遊具の利用をできないよう制限している。園側は「未然に事故を防ぐためにやむを得ない」と説明する。しかし、以前利用できた遊具に乗れなくなった来園者は「楽しみにしていたのに」と不満の声を上げている。
識者は「知的障害の程度は個々人でさまざま。個別対応する手段を講じるべきで、現状は知的障害者の人権を侵害している」と指摘する。
9月23日の休日、福岡市早良区の軽い知的障害のある20代の男女がグリーンランドをデートで訪れた。窓口で療育手帳を提示して障害者は割引になるフリーパスを購入しようとすると「ほとんど乗れませんが、いいですか」と説明を受けた。
2人は仕事や公共交通機関の利用など日々の生活は1人で送れる。女性は母親に電話連絡し、母親が電話で園に抗議。園は、母親の話から「2人は健常者と変わりがない」として、この日2人の全遊具の利用を認めた。しかし、女性は「悔しい。二度と行きたくない」と傷ついてしまった。

グリーンランドが知的障害者の利用の一律制限を始めたのは9月中旬。パンフレットによると、障害の程度を問わず、全65施設中41施設の利用を制限。園と遊具メーカーが1年半かけて実地調査し、制限遊具を決めたという。時速20キロで走る「てんとう虫コースター」は、ホームとコースターの間に体を挟む恐れがあるとして制限。「ベビーゴルフ」(パターゴルフ)は、知的障害者がボールをコース外に打ち出した事例があったとして利用できなくした。
一方、身体障害者は1人で乗り降りが可能か、など七つのチェック項目によって乗車の可否を判断することにした。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/277275

これは遊園地側は間違っていないと思う。
事故があったときに管理責任が問われるのは遊園地側だからである。
自分たちだけが差別されたと騒いでいるが、差別ではなくこれは制限で遊具によっては体重制限、年齢制限、慎重制限があり、ちゃんとルールに乗っ取って安全に乗れるように制限を設けているのである。

知的障害者はいつ何どきどんな行動に出るのかわからないので知的障害者なのであり、遊具によっては危険なものも存在するだろう。
この記事の中の母親は「2人は健常者と変わりがない」として2人の全遊具の利用を認めたらしいが、健常者と変わりがないのならば、どうして療育手帳を提示して障害者は割引になるフリーパスを購入するのだろうか?
変わりなく利用できる普通の人間だというのなら、普通に料金を払えばいい。

遊園地は身体障害者には制限あるのだから知的障害者に制限あってもおかしくない。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2011/12/10 13:25 ] その他日本の問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ