日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

福島で3町村の住民約1730人が受けた外部被ばく線量、最高37ミリシーベルト

東京電力福島第1原発の事故発生から4カ月間、福島県浪江、川俣、飯舘の3町村の住民約1730人が受けた外部被ばく線量は推計で平均1ミリシーベルト強、最高約37ミリシーベルトだったことが9日、県への取材で分かった。住民の外部被ばくの実態が判明するのは初めて。

この推計値は、県民健康管理調査で住民が自ら記入した行動記録を基に、文部科学省の測定や緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による各地の空間放射線量を参照し算出された。推計値からは自然被ばく線量は引かれているが、内部被ばくを考慮しても、がんなどの健康リスクが高まる100ミリシーベルトに達した人はいないとみられる。

県立医大によると、約1730人のほぼ半数が1ミリシーベルト未満。残りは、4カ月間で平常時の年間限度1ミリシーベルトを超え、5~10ミリシーベルトが約40人、10ミリシーベルトを超えたのは約10人で最高が約37ミリシーベルトだった。推計値が高かった住民の中には、原発事故の収束作業に加わっていたとみられる人も含まれており、県は「どのような状況で被ばくしたのかを精査したい」としている。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20111209-874626.html

健康被害は補償しないというのを間接的に言っている記事である。
また100ミリシーベルトに達していなくとも50ミリシーベルトで白血病になり、労災認定状況されている原発作業員もいるのである。
また過去にはこんな記事もあり、今回の記事が嘘である可能性が高いことが考えられる。

民主党はどこまで福島を見殺しに?「年間被曝300ミリシーベルト超」と推計 避難予定の浪江町
原子力安全委員会は11日、福島第1原発事故で新たに「計画的避難区域」となる予定の福島県浪江町の一部で、事故発生から1年間の積算被曝(ひばく)放射線量が300ミリシーベルトを超えるとの推計を明らかにした。
政府は、1年以内の積算被曝線量が20ミリシーベルトに達する恐れのある地域を計画的避難区域とする方針だが、推計値はその15倍以上となる。
原子力安全委は、人体に影響を与える恐れを認めた上で「4月初旬の測定値が、来年3月まで継続すると仮定した推計で、実際の積算線量はこれより低くなると考えている」と説明した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110411/dst11041122420086-n1.htm
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1065.html

官邸の指示で隠蔽 警戒区域4カ所で毎時100マイクロシーベルト超
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/dst11042116400028-n1.htm

【送料無料】フクシマ3・11の真実

【送料無料】フクシマ3・11の真実
価格:1,365円(税込、送料別)



にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
[ 2011/12/10 14:31 ] 放射能汚染について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ