上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東電、連絡取れない作業員公表 早急な内部被ばく検査呼び掛け

東京電力福島第1原発事故で、東電は14日、6月までに働いた作業員のうち、内部被ばく検査を受けないまま連絡が取れなくなっている13人の氏名をホームページで公表し、心当たりのある人に連絡を呼び掛けた。
このうち外部被ばく線量が判明している8人の最高は約4.5ミリシーベルトだが、作業時に全面マスクを正しく装着していない場合は内部被ばくが懸念されるため、東電は「早く検査を受けていただきたい」としている。
6月8日までは身分証明書を確認して作業員登録するシステムが復旧しておらず、氏名や生年月日は自己申告。
3月後半に働いた「ヤウチ」さんと「イイヤマ」さんは、姓しか分かっていない。作業内容の記録もないが、放射能汚染水の処理設備工事やがれき撤去作業などに携わった可能性があるという。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011121401009

東電のいい加減さにはあきれるばかりである。
そもそも、名前もきちんと把握していない、二次募集、三次募集の人間を雇用するようなことをしていると、テロリストがもぐりこむ危険も高い。
しかし、あの東電がこんなに親切な呼びかけをするのは、単なる作業員が心配だからではないだろう。
内部被爆によって東電のいい加減さ、非人道的な過酷な作業状況などが表に出るのを危惧しているからだろう。

震災直後に原発構内にいた下請け作業員、内部被曝の疑い 基準の7倍超も処置されず放置 多数存在の可能性も
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1303030672/



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


[ 2011/12/15 23:29 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。