日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

どぶ水や残飯を食用油にリサイクル 違法な「下水油」6万トンを押収

2011年12月12日、中国公安部ウェブサイトは、「下水油」取り締まりキャンペーンの成果を発表した。中国新聞網が伝えた。
「下水油」とは残飯やどぶの汚水などを処理して精製した油、あるいは劣化した油を処理して見栄えをよくした油を指す。もちろん「下水油」の製造、販売は違法だが、現実には相当量が流通しているとも伝えられる。

今回の取締キャンペーンでは700人あまりが逮捕された。押収された「下水油」は6万トン超。
28省・市にまたがる60もの犯罪ネットワークが摘発されている。警察は全国10万社の油脂関連企業をローラー作戦で調べ上げ、「下水油」製造業者を見つけ出していったという。(翻訳・編集/KT)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000020-rcdc-cn

別名地溝油と呼ばれている。

中国での外食は極めて危険!!あなたも地溝油を口にしている!
http://www.youtube.com/watch?v=SVKosrbHhwI

この下水油を作るのにはとても手間がかかり、実際に普通の油を買うことと比べても、ほんの少し利益が増える程度だという。
しかし、中国人はほんの少しの利益のために、この危険な油を下水から集め、手間をかけて精製しているとのこと。
モラルが少しでもあれば、やらないだろうが、ここの国の人は完全に根っこからモラルがない人が多いのだろう。

トップバリュー
今は売られている食品にはほとんど生産国が書かれているが、トップバリューだけは「販売者 イオン」としか書かれていないものがほとんどである。
イオンは民主党の岡田一族がやっているスーパーであるが、政治でも、仕事でも不誠実なのは親譲りなのだろうか?
そう考えると私はイオンのものは怖くて買いたくない。生産国を記載すること自体そんなに手間がかかるわけではないではないか。

【送料無料】食品汚染はなにが危ないのか

【送料無料】食品汚染はなにが危ないのか
価格:1,659円(税込、送料別)



にほんブログ村 ニュースブログへ
[ 2011/12/16 00:06 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ