日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

体長6メートルを超すクジラ が漂着 2日に神奈川県小田原市の海岸

2日朝、神奈川県小田原市の海岸で、体長6メートルを超すザトウクジラが打ち上げられているのが見つかりました。生後1年未満の子どものオスとみられ、専門家は、「今は沖縄や小笠原諸島などにクジラの群れが向かう移動のシーズンだが、子どものザトウクジラが相次いで漂着している。これから原因を詳しく調べたい」と話しています。
2日午前6時すぎ、小田原市小八幡の海岸で、釣りをしていた男性から、「クジラのようなものが打ち上げられている」と警察に通報がありました。
警察と小田原市が現場を確認したところ、体長およそ6メートル30センチのクジラが、ほぼ仰向けの状態で波打ち際に打ち上げられていましたが、すでに死んでいたということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120102/k10015015061000.html

先月にも2頭のクジラが神奈川県の海岸に打ち上げられている。
いよいよ、関東に地震がくるのか?それとも1月1日にあったM7の地震でクジラが打ち上げられたのだろうか?
過去の例を見ても打ち上げられてから数日後に地震がきている。

12月21日 静岡県牧之原市にてリュウグウノツカイ打ち上げられる。
1月1日 東京から南600km離れた鳥島近海にて、深さ360kmを震源としたM7.0の深発地震発生。
1月2日 神奈川県小田原市の海岸で、体長6メートルを超すクジラ が漂着、先月も2頭。

【送料無料】地震予知論入門

【送料無料】地震予知論入門
価格:1,680円(税込、送料別)



にほんブログ村 ニュースブログへ
[ 2012/01/02 23:03 ] 地震予知に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ