上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朝日新聞、NHK、上杉隆氏、岩上安身氏のデマ報道が風評被害を拡大して2次災害を作り出している

上杉隆や岩上安身のデマと利権絡みの行動
2011年7月にクリス・バズビーなる人物を日本に呼んで記者会見させたが、彼は「福島第一原発の100キロ圏内で癌の発生率が今後10年間で33%上昇し、10万人単位のがん患者が出る」と予告し、「日本政府は福島原発事故の影響をごますために福島から放射性物質を日本全国に輸送している」と主張した。
そしてこのクリス・バズビーなる人物は放射線の影響から日本人を保護すると称して5800円のミネラルサプリや10800円の食品検査を売り込んでいる。
岩上安身氏は、その後も横浜で福島から飛んできたストロンチウムが見つかったという誤報を流して批判を浴び、またスクープと称して位かのうなツイートをしている。

お待たせしました。この二週間あまり、議論にもなっていた、福島の新生児の中から、先天的な異常を抱えて生まれて来たケースについてスペシャルリポート&インタビューします。スクープです。 賛否はあるでしょうが、勇気あるカムアウトした当事者には温かいエールをお送りください。

先天性異常は一定の確率で生まれてくるのであり、放射能との関係は疫学調査でその地域の奇形児の発生率が有意に高いことが証明されない限り分からない。

この噂話程度の「スクープ」には多くの人々から「福島県人を差別する事実誤認だ」と批判が殺到し、岩上氏はこのツイートを削除して謝罪した。

上杉隆はジャーナリイトではない
プルトニウムが危険だ危険だと大騒ぎをしているただの馬鹿である。
ある学者がプルトニウムを食べても安全だと発言したことに尾ひれをつけて騒いでいるだけである。
確かに安全だという表現はよくないが、プルトニウムは口に入れても排出されるものであり、消化管からの吸収は非常に悪く、ほとんどが排泄されてしまう。
しかし肺から吸入した場合はかなりの時間肺や骨に留まり、すぐにどういうことはないものの晩発効果として、時としてガンの発生があり得るのである。
プルトニウムの半減期が2万年でそんなに危険なものであるならば、長崎に落とされた原爆はプルトニウム型原爆であり、死の大地にならないとおかしい。
しかし実際に長崎の人たちは農業を営み原爆投下から60年ほどしか経っていないが、普通に生活をして広島と同様に見事に復興しているのである。

またチェルノブイリの話が引き合いに出されるが、旧ソ連が発表しているデータは信用性が低い。
チェルノは格納容器も圧力容器もない状態での大爆発であり、福島のベントや水蒸気での爆発で建屋が飛んだものとは比べ物にならないと考えるのが普通だろう。

左翼の自称ジャーナリスト岩上安身と左翼の自称ジャーナリスト上杉隆が足らない頭を使って中国共産党のために騒いで日本人を不安にしているだけである。
そもそも取材すらまともにしていない人間である。

読売新聞記者vs上杉隆氏と岩上安身さん
http://www.youtube.com/watch?v=4we1XYjHq3M

多くのジャーナリストが非難している、読売の記者を見せしめにしたこの動画を見れば、上杉隆や岩上安身がどの程度の人間なのかわかると思う。小沢かわいさで暴言を吐きまくる様子は見るに耐えれない。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


[ 2012/01/04 16:03 ] 放射能汚染について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。