日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

ミヤネ屋 宮根誠司アナ 週刊誌の隠し子報道認め謝罪「全て事実です

妻とは別の女性・A子さん(32)との間に、今年2月に4才になる娘がいたことが発覚したフリーキャスターの宮根誠司(48)。女性セブンが宮根本人に取材を申し込むと、彼はいままで黙っていた苦悩を語ってくれた。
宮根は、1993年1月に元モデルの女性と結婚するも、2004年7月に離婚。当時、出版社に勤めていたB子さんとは離婚前に知り合い、前妻と離婚後に交際に発展したという。

「確かに、当時は独身だったんですけど、A子さんにはもともと『ぼくには、結婚を約束した恋人がいる』といっていたので、向こうも『ぼくとは結婚はできない』とは思っていたようです。まぁ…、恋人がいるのにそういうことをしちゃうのが、ぼくの馬鹿野郎なところなんですが…」

それで数日後、ホテルの喫茶室みたいなところで話をしたんです。A子さんの気持ちの中には“中絶する”という選択肢はありませんでした。彼女には生死に関するつらい過去があったんです。だから、命を絶つという発想は一切なかった。

そのとき、ぼくが一瞬でも悩まなかったかといったら、嘘になるとは思います。正直、『困ったな…』とも思いました。だけど、尊い命が、すでに彼女のお腹の中にいると思ったら、ぼくがそれを奪ってええんかって考えて…」
女性セブン2012年1月19・26日号
http://www.news-postseven.com/archives/20120106_79767.html

「尊い命」「中絶の発想は一切なかった」などと、白々しい言葉が並んでいるが、そもそもこの人がそれほど彼女を大切に思うのならば、避妊していただろうし、結婚している身でありながら関係をもつことなどしないだろう。
事実を認めて謝罪すれば「男らしい」と評価されると勘違いしている。

この「情報ライブ ミヤネ屋」という番組は2009年の衆議院選挙でさんざん自民党や麻生総理を好き放題叩き、愚党である民主党を持ち上げていた。
不道徳な人間がテレビで司会して政治家とか批判するのはいかがなものか?
また橋下市長のことを風俗で遊んでいたとか非難していたが、この男と違って家庭を大切にしているではないか?

番組内で謝罪しているが、ニヤニヤしてまったく反省している様子はない。
http://www.youtube.com/watch?v=_Bxfn3E7TIE

韓国観光公社名誉広報大使に宮根誠司~訪韓観光客の誘致に寄与
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170513879/l50

【送料無料】情報公開とマスメディア

【送料無料】情報公開とマスメディア
価格:840円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

[ 2012/01/06 21:46 ] 反日活動家・スパイ | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ