日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

2009年に鳩山由紀夫元首相が表明したCO2の25%削減撤回へ

政府は、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するとした現在の目標を下方修正する作業に本格的に着手する。東京電力福島第1原子力発電所事故を受けたエネルギー政策の見直しで、発電中に二酸化炭素(CO2)を排出しない原発の推進が困難になったためで、現実的な目標を提示する方針だ。

昨年末の国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)では、12年に期限を迎える京都議定書の延長が決まったが、日本は削減義務を負うことを拒否する方針。自主的な削減努力を進めると同時に、今後本格化する延長後の「ポスト京都」の枠組み議論で主導的な役割を果たす上でも、目標の撤回が不可欠と判断した。

日本は、09年に鳩山由紀夫元首相が国連での演説で25%削減目標を表明し国際公約とした。しかし昨年3月の福島第1原発事故を受け、政府は「脱原発依存」へと方針を転換し、目標達成の大前提が崩れた。政府は今月30日に開く中央環境審議会地球環境部会で、削減目標の妥当性についての議論を本格化させる。適正な電源構成などを示すエネルギー基本計画の見直しと並行して進め、来夏に策定する「革新的エネルギー・環境戦略」に反映させる。
新目標とともに30年時点の排出量の見通しも示すほか、目標達成のための方策も示す考えだ。
■ソース(産経新聞)1.6 08:25
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120106/plc12010608250007-n1.htm

鳩山のCO2削減25%削減した時の世界の反応は失笑だった。要は「馬鹿な日本の総理大臣」として映ったのだろう。
鳩山は総理になって有頂天になって、いい格好したかっただけだ。
おだてられて、乗せられて25%という馬鹿馬鹿しい公約をしてしまったのである。会場から拍手が沸き起こったときの得意げな顔は馬鹿以外の何者でもない。
その拍手は嘲笑の意味がこめられていたことにこの男だけは知らなかった。

鳩山の愚行
サウジの葬儀に福田元首相でなくてどっかの馬の骨を送って国王を激怒させ 原子炉国際入札に敗れる主要要因を作った。
ポーランドの大統領の葬儀に総理経験のない江田五月を派遣して日本は恥をかいた。
普天間問題をめちゃくちゃにし、アメリカとの関係をこじらせてその結果、トヨタのリコールが起きた。
あげていけばキリがないが馬鹿としかいいようがない。

鳩山語録として「日本列島は日本人だけのものじゃない」「国益より地球益」などがあるが、どうしてこんな発言をするのか?この男にビジョンも何もない。
「日本列島は日本人だけのものじゃない」という自分は心が広いだろう?「国益より地球益」という自分はかっこいい、という強烈なナルシストなだけである。

鳩山とはなんだったのか?
それは今の日本の民度そのものである。

【送料無料】鳩山占星術内閣の研究

【送料無料】鳩山占星術内閣の研究
価格:1,050円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2012/01/07 01:30 ] その他民主党議員 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ