日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

福島市内で放射性セシウム134、137の値が異常に上昇の原因

文部科学省が発表した福島市内の「定時降下物環境放射能測定結果」によると、同市内で検出されたセシウム134、137の値が異常に上昇していることがわかった。
1月4日午後2時時点の測定結果によると、福島市内で1月2日午前9時~1月3日午前9時までは、セシウム134が180MB(メガベクレル)/平方キロ、セシウム137が252MB/平方キロとなった。
その前日の1月1日午前9時~1月2日午前9時までは、134、137ともに、ND(検出限界値未満)だった。
また、それ以前と比べても、2日~3日の値は軽く10倍以上となっている。
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yucasee-20120105-10032/1.htm

1月1日のあの地震で4号機の冷却プールの配管が壊れ空焚き状態になったというデマが出ていたが、実際には違うようだ。

周囲の空間線量率に変化は無い。
「風で舞い上がった土ぼこりが測定溶器に混入し、数値が上がった可能性が高い」
目視で確認できる土の粒子があった。
風向きは原発からとは逆方向の西北西の風。
3日以降、元の数値に戻る。
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf

【送料無料】裸のフクシマ

【送料無料】裸のフクシマ
価格:1,680円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2012/01/08 22:29 ] 放射能汚染について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ