上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

正恩氏「日本がミサイル撃ち返してきたら戦争してた」 

北朝鮮の新指導者、金正恩氏が2009年4月の長距離弾道ミサイル発射の際、管制センターに赴き発射に立ち会っていたことが分かった。ラヂオプレス(RP)が8日、朝鮮中央テレビの放送で判明したと伝えた。
北朝鮮メディアは発射当時の報道で、金正日総書記がセンターで立ち会ったことは伝えていたが、正恩氏には触れていなかった。正恩氏が公式登場したのは10年9月で、放送には、若さが指摘されてきた正恩氏の指導経験の豊富さを強調する狙いがありそうだ。
RPによると、8日に朝鮮中央テレビが放送した正恩氏の軍関連活動を紹介する記録映画の中に、正恩氏がミサイル発射を受け、センターの玄関前で関係者と笑顔で握手を交わす場面があった。
日本では当時、ミサイル防衛(MD)による迎撃も議論されたが、韓国・聯合ニュースによると、同テレビは正恩氏が「敵が(ミサイルを)迎撃すれば、戦争を決心していた」と話したことも紹介した。(共同)
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20120108-886805.html

こうやって北朝鮮が挑発的なことを言うのは日本に支援要求の裏返しなことが多い。
日本がTPP参加すると北朝鮮や中国、ロシア外しの経済圏が出来上がる。そうなる前になんとか自国の復興をできるだけ日本の金を使ってやりたいというのが本音だろうから、これから対韓国を意識して日本に擦り寄ってくる可能性も高い。
日本はTPPでアメリカの食い物になるのか、プーチンのユーラシア構想に加わるのか、また民主党の愚作である東アジア共同体構想に加わるのか、2012年は日本にとって決断の年となるだろう。


にほんブログ村 ニュースブログへ


[ 2012/01/08 23:01 ] 北朝鮮に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。