日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

中国の核実験によりウイグル人ら19万人急死、被害者129万人に 札幌医科大教授が推計

中国が東トルキスタンで実施した核実験による被害で同地区のウイグル人ら19万人が急死したほか、急性の放射線障害など甚大な影響を受けた被害者は129万人に達するとの調査結果が札幌医科大学の高田純教授(核防護学)によってまとめられた。被害はシルクロード周辺を訪れた日本人観光客27万人にも及んでいる恐れがある。
5月1日発売の月刊「正論」6月号掲載の「中国共産党が放置するシルクロード核ハザードの恐怖」と題する論文で明らかにした。

高田教授は2002年8月以降、中国の核実験に伴う影響を調査した。高田教授によると、中国の核実験は1996年までに爆発回数で46回。爆発威力や放射線量、気象データや人口密度などをもとに被害を推定した。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090430/chn0904301904007-n1.htm
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1241568688/

◆1996年までの中国核実験で19万人急死、被害は129万人
http://www.youtube.com/watch?v=GHCVDXvhpTw

甚大な健康被害を伴う急性症は129万人のうち、死産や奇形などの胎児への影響が3万5000人以上、白血病が3700人以上、甲状腺がんは1万3000人以上に達するという。29万人のうちほとんどが、十分な医療を受けることができず、亡くなっているとのこと。

中国 麻生首相の核軍縮言及に不快感
中国外務省の馬朝旭報道局長は7日の記者会見で、麻生太郎首相がドイツ訪問中の演説で中国の核軍備近代化に言及したことについて「中国の核政策と核戦略は極めて透明で、核軍縮問題の主張も理解されている。日本の指導者が現下の情勢で中国の核問題に言及するのはどのような目的があるのか」と不快感を表明した。 
5月7日18時10分配信 時事通信

中国のしていることはナチスよりも酷い。
しかし、この国は悔い改めるどころか現在もチベット、ウイグル、モンゴル人を虐殺し続けている。そしてありもしなかった日本の南京大虐殺という架空の出来事を題材にした映画をつくり日本を批判。

ひとつには中国人そのものが、中国のしていることを知らないのが大きな問題であり、天安門事件知る中国人もほとんどいない。
中国人は「日本は間違った歴史を学んでいるからちゃんとした歴史を教えてあげたい」などと目をキラキラさせて本気でそう思っている中国人大学生がインタビューで答えていたが、恐ろしいほどの勘違いに気がついていないのである。

中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ
http://www.youtube.com/watch?v=gLmYqvaqVm4
中国共産党による大虐殺の犠牲者の数は、「共産主義黒書」(ステファヌ・クルトワ)などの推計に依れば6,500万人にも上るとされている。歴史上有名な大躍進や文化大革命、天安門事件だけでなく、チベット、東トルキスタン(ウイグル)、モンゴルにおいて現在、残虐な粛清と弾圧、歴史・伝統・文化の破壊、民族浄化・絶滅、漢民族への同化政策が行われている。

日本のもこのまま民主党政権が続けば10年もしないうちに中国へ飲み込まれるだろう。
今でも着々と中国は日本へ手を伸ばす準備をしている。いつの日か「かつて日本というすばらしい国があった」と亡き日本を外国人に語られる日がくるかもしれない。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2012/01/09 13:23 ] ウイグル人弾圧について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ