日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

イラン 地下核施設でウラン濃縮開始

在ウィーン外交筋は9日、ロイター通信に対し、 イランが首都テヘラン南方の聖地コム郊外の山岳部地下に建設した核施設で、ウラン濃縮作業を始めたとの見方を明らかにした。同施設では、濃縮度20%のウランの製造を開始した。
イランは昨年6月、ウランの製造場所を中部ナタンツからコム近郊のフォルドの地下施設に移し、製造量を3倍に拡大する方針を示していた。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120109-00000098-jij-int

イランが欧米の挑発に乗って戦争へと突入するのは1941年の日本とまったく同じである。
石油を止められ、鉄を止められ「開戦やむなし」と一か八かで真珠湾を攻撃した。
そうやって負けるとわかっていながら戦争をした日本と同じ状況のイランはアメリカと戦争となれば、核兵器が使う可能性は高く、焦土と化すことはわかっているのならば、中東にとって癌であるイスラエルを灰燼にしようとするだろう。

先日日本からユダヤ資本の石油会社が撤退始め、そしてイランとアメリカとの戦争が勃発しようとしている。
日本から石油がなくなる可能性が高い。

【送料無料】アメリカ・イラン開戦前夜

【送料無料】アメリカ・イラン開戦前夜
価格:756円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログへ
[ 2012/01/11 13:40 ] イスラム情勢 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ