日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

妃殿下 愛子さまの校外学習でホテルのインペリアルスイートに宿泊 東宮大夫「正常ではない」

雅子さまと小町恭士東宮大夫(65)との間に不協和音が生じているというのだ。東宮大夫とは、皇太子ご一家のお世話をする東宮職のトップという重職だが、昨年7月、約5年にわたり東宮大夫を務めていた野村一成氏(71)が勇退し、その後任として選任されたのが小町氏だった。

小町東宮大夫も野村氏の期待に応えるために、そして皇太子ご一家をお守りするために尽力してきたが、物議を醸す発言が目立った。
その最も顕著な例が、昨年9月、愛子さまの山中湖お泊まり校外学習へ雅子さまが同行されたことを巡っての対応だった。皇太子妃としての公務をされていない雅子さまが2泊3日で同行されたことは大きな波紋を呼んだ。

そして迎えた9月22日の東宮大夫定例会見・その直前に会見した羽毛田信吾宮内庁長官(69)も、雅子さまの同行について、「通常の形でないことを心配している」と発言していただけに、宮内庁担当記者たちは、雅子さまが同行された真意を聞こうと、小町東宮大夫に矢継ぎ早に質問を投げかけた。これに対して、小町東宮大夫は、「有意義な校外学習だったと思います。妃殿下は距離を置いて見守られました」と返答。

それに対して、記者からは、「震災から半年、国民が大増税を迎えようとしているその時期に、妃殿下は校外学習でホテルのインペリアルスイートに泊まられた。常識的には考えられない出費。“税金泥棒”と批判を受けられるかもしれません。それを許した皇太子殿下はどうお考えなのですか」
といった過激な質問まで飛び交った。これに困った小町東宮大夫は、「いまの状況が正常だと思っていない」と思わず本音を漏らしてしまったのだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120110-00000010-pseven-soci

病気で公務ができないとされている雅子さまが、ついて行く必要もない愛子さまの校外学習についていき、「ホテルのインペリアルスイート」に泊まる、これはかなりの問題となっていいだろう。
常軌を逸している。
小和田家の人たちはいつ、自分の娘を引き取りにくるのか?

雅子さんの父親である小和田氏はいつ皇族になったの?
オランダの国際司法裁判所の所長ですが、その小和田氏のかける椅子の背もたれが、菊の御紋であるという話がネットに出ている。十六八重菊の紋は皇族の方だけが使う御紋である。
melto288.jpg
その菊の紋が施された椅子に小和田氏は座っている。

「皇室の方」というのは皇室の公務をこなしていらっしゃる方を指す。雅子さまはもはや皇族ではない。

【送料無料】皇室へのソボクなギモン

【送料無料】皇室へのソボクなギモン
価格:1,260円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ

[ 2012/01/11 16:39 ] 皇室・王室について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ