日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

千葉が放射線量が高い理由 3月11日のコスモ石油の火災で燃えた劣化ウラン

劣化ウラン保管施設も延焼 コスモ石油のガスタンク火災
6月千葉県議会は30日、総務防災と総合企画水道の2常任委員会が開かれた。総務防災では、東日本大震災で発生したコスモ石油千葉製油所(市原市)の液化石油ガス(LPG)タンク火災・爆発に伴い、隣接する劣化ウラン保管施設も延焼していたことが明らかになった。放射性物質の漏えいはなかったとしている。
県消防課は、同製油所のガスタンクの火災・爆発事故で、隣接するチッソ石油化学の劣化ウラン保管倉庫の屋根が焼け落ちていたことを明らかにした。
同課によると、同倉庫は「核燃料使用事業所」として国の許可を受け、ガス製造用の触媒として使われる劣化ウラン765キログラムが保管されており、放射性物質が0・3%含まれていた。
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1309498977

市原で火災が起きたときにチェーンメイルが出回ったことを覚えているだろうか?
民主党政府がやっきになって「流言飛語」だと打ち消したが、あれは関係者が近くに住む人たちに警告を発したものだと思われる。
チェーンメールで知らせることになったのは、民主党は隠蔽するつもりで緘口令を敷いたのだろう。

外出に注意して、肌を露出しないようにしてください!
コスモ石油の爆発により
有害物質が雲などに付着し、
雨などといっしょに降るので
外出の際は傘かカッパなどを
持ち歩き、身体が雨に
接触しないようにして下さい!!
コピペとかして皆さんに知らせてください!!


記事では「放射性物質の漏えいはなかった」とあるが、果たしてそうだろうか?
屋根だけが燃えただけで済むとは思えない。動画を見てもチッソ石油化学五井製造所あたりはすごく燃えている。

コスモ石油 千葉製油所のタンクが炎上 丸善社員けが
http://youtu.be/TZqhc-ysHzM

3月のコスモ石油のガスタンク火災について。- 2011.07.03
http://www.youtube.com/watch?v=8l_bje34ayA

地震による火災JFE千葉から見たコスモ石油
http://youtu.be/7rPUR8-x5Yk

市原コスモ石油ガスタンク大爆発1回目 17:07
http://youtu.be/vPP6PHcgY9g

製油所火災 消火活動続く
http://youtu.be/ZE0OMD4uesg

また3月11日の市原の震度は震度5弱だった。たった震度5弱でああいう火災が起きたのは前代未聞である。それならしょっちゅう、あのあたりでは火災が発生していないとおかしい。
たまたま、火災になったと考えるべきか、それとも人為的なものがあったのだろうか?

チッソ石油化学(株) 五井製造所総務担当
〒290-0058 千葉県市原市五井海岸5-1 0436-21-5111 ‎ chisso.co.jp

〒100-8105
東京都千代田区大手町2-2-1
総務部
TEL.03-3243-6370
FAX.03-3243-6487

http://www.chisso.co.jp/news/pres110314.html
http://megalodon.jp/2011-0704-1325-21/www.chisso.co.jp/news/pres110314.html

HOME > ニュース一覧 > 東北地方太平洋沖地震によるチッソ石油化学五井製造所の状況について
東北地方太平洋沖地震によるチッソ石油化学五井製造所の状況について
2011年03月14日
                         チッソ株式会社 総務部
 11日に発生しました地震の影響により、近隣の工場より火災が発生し、一時弊社五井製造所にも飛び火しましたが、12日までに全て鎮火しており、有害物質の発生もありませんでした。

製造所近隣の皆様はじめ、関係者の方々に、大変ご心配をおかけしましたことを、心からお詫び申しあげます。

幸い、直接的な地震の影響も含め、従業員のけが人の発生もなく、プラントの損傷も最小限に止まったことから、現在、現場を総点検し、安全に復旧するための準備を開始しておりますのでお知らせいたします。

運転の再開は、指導官庁により最終的に安全が確認された後に行う予定でおります。

劣化ウランとは
ウラン235を取り除いた後に残り、ほとんどがウラン238でできています。核分裂をしないので、劣化ウランと呼ばれていますが、放射線を出すことに変わりはありません。半減期(放射能の強さが元の半分になるまでの時間)は45億年です。ウラン235に比べて、通常の状態で体外から被曝する危険性が低いため、人体に影響はない、と言われてきました。そのため、日本の民間機を含めた、航空機の部品に使われていた時期もありました。しかし、ウラン238を主成分とする劣化ウラン=放射性物質が空気や水、食べ物を通じて直接、体内に入ると、微量であっても、さえぎるものがない状態で長い間、放射線を浴びる体内被曝をおこすと考えられます。また、放射線だけではなく、重金属中毒の被害も深刻です。

核燃料や核兵器を製造するために、天然ウランを濃縮する過程でできる副産物である。
有名なのはイラク戦争時にアメリカが大量にイラクに打ち込んで奇形児がたくさん生まれている現象である。
またアメリカ兵ですら被爆し帰国後、授かった子供に奇形が生まれている。
米軍は、湾岸戦争で300~400t、アフガニスタンで500~1,000t、イラク戦争で800~2,000tの劣化ウラン弾を使用。
一瞬にして大都市を廃墟とする原爆や水爆と比べ、劣化ウラン弾の被害は、特徴のない全身症状、流産や奇形・ガンを発生させ、徐々に体を蝕んでいくものだと言われている。

湾岸戦争後のイラク‥‥‥子どもたちが死んでゆく
http://www.morizumi-pj.com/iraq/iraq1/iraq.html


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2012/01/14 06:15 ] 戦争・テロ・動乱・事故・天変地異 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ