上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の命運が決まる 台湾総統選挙 開票開始

台湾総統選挙と立法院(国会、定数113)選は14日午前8時(日本時間同9時)から、全土で投票が始まった。投票は午後4時(同5時)に締め切られ、同日夜に大勢が判明する見通し。
総統選の当日有権者数は約1808万人。今回の総統選には、再選を目指す与党・国民党の馬英九総統(61)、野党・民進党の蔡英文主席(55)、さらに親民党の宋楚瑜主席(69)の3候補が出馬。
三つどもえとなる中、馬氏と蔡氏が宋氏を引き離して競っている。
(2012/01/14-09:30)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012011400074

記事の中には国民党の馬英九総統(61)、野党・民進党の蔡英文主席(55)とあるが正確には、中国国民党の馬英九総統と台湾民進党の蔡英文主席とすべきだろう。
馬が通れば台湾は近い未来に中国となるだろう。

台湾国民党(中国国民党)は選挙の時に「国民の生活が第一」「国民党が政権を取れば景気はよくなる」「民進党は格差政党」などど、日本の民主党が衆議院選挙で行ったマスコミと結託し、実現不可能なマニフェストを掲げて国民をだました手法とまったく同じ方法で与党である民進党を倒した政党である。

日本と同様に台湾国民は騙された。
馬が当選すれば台湾の中国統一化は避けられないだろう。そうなれば日本の石油輸送ルートの95%は台湾海峡を通貨していることから、シーレーンが侵され使えなくなる可能性が高い。

日本人では興味のある人が少ないが、とても大事な選挙である。


にほんブログ村 ニュースブログへ


[ 2012/01/14 16:22 ] 国際ニュース | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。