上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台湾総統選挙 馬英九氏が再選

14日に投票が行われた台湾の総統選挙は、国民党の現職、馬英九総統が勝利を宣言し、最大野党・民進党の蔡英文主席が敗北を認め、馬総統が再選を決めました。
台湾の総統選挙は、国民党の現職、馬英九総統、最大野党・民進党の蔡英文主席ら、3人の候補が立候補し、事実上、馬英九候補と蔡英文候補の争いとなりました。開票作業が続いていて、台湾の中央選挙委員会の発表によりますと、日本時間の14日午後10時現在、馬英九候補が688万1307票、得票率で51.58%、蔡英文候補が608万8958票、得票率で45.64%となっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120114/t10015270791000.html

国民党の馬英九が再選するというとんでもない結果となった。
台湾の人たちは中国と組んで経済重視を選んだのだろうが、この結果は後にとんでもないことになると考えられる。目先の欲に捕らわれたわけだ。

これで中国は台湾を統一する方向に進むだろう。台湾人にとってみれば経済で協力はするけど、中国と統一なんてまっぴらごめんと思っている人が多いだろうが、これをきっかけにチベットを侵略したときのように中国政府はまずは漢民族を大量に台湾へ送り込むだろう。
中国は武力を使って他国を侵略する方法を取らない。人口の多さにものを言わせて移民、そして民族浄化、そこで逆らえば武力行使という方法を取る。
他国が干渉しずらい方法とも言えるかもしれない。
中国の最終目的は資源の豊富な南シナ海の支配である。

【送料無料】日本の命運は台湾にあり

【送料無料】日本の命運は台湾にあり
価格:1,680円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログへ


[ 2012/01/15 00:22 ] 国際ニュース | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。