上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

呆れた・・・野田首相、麻生太郎元首相の施政方針演説を引用 「私と同じだ」

野田佳彦首相は24日午後の衆院本会議で、就任後初の施政方針演説を行った。
消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革に関し、首相は「『決められない政治』から脱却することを目指す」と述べ、国会で結論を出す決意を表明。
野党に対し「この国の未来を切り開くため、『決断する政治』を共に成し遂げよう」と、協議に応じるよう重ねて求める。消費増税関連法案の成立が困難になった場合などに、衆院解散に踏み切るかには言及しない。

首相は「社会全体の希望を取り戻す第一歩を踏み出せるかどうかは、一体改革の成否に懸かっている」と言明。引き上げ後の消費税収については「全額を社会保障の費用に充て、官の肥大化には決して使わない」とし、理解を求める。
首相は、消費税率を「2014年4月に8%、15年10月に10%」とする政府・与党の一体改革素案を基に、与野党協議を経て大綱を策定し、3月に消費増税関連法案を提出する方針。

演説では野党の協力を引き出すため、自民党の福田康夫、麻生太郎両元首相の施政方針演説を引用。
特に麻生氏が09年1月に行った演説で、「消費増税を含む税制抜本改革を行うため、11年度末までに法制上の措置を講じる」と言及したことを逆手に取り、「私が目指すものも同じだ。今こそ立場を超えて、素案の協議に応じることを願ってやまない」と呼び掛ける。
国家公務員給与削減などの行政改革に加え、衆院議員定数削減など、一体改革と同時に取り組むとする政治改革についても「政治家自身が身を切り、範を示す姿勢が不可欠。私もリーダーシップを発揮する」と決意を示す。 
一方、東日本大震災からの復興、東京電力福島第1原発事故への対応、日本経済の再生に優先して取り組む考えも改めて強調。2月10日に発足する復興庁を「司令塔」に復興事業を加速化させる方針や、原発事故で被害を受けた福島県の復興を後押しする「福島復興再生特別措置法案」を今国会に提出する考えを示す。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012012400443

ここで野田が麻生元総理を持ち出して「私が目指すものと同じ」発言をしたのが、自分が保守である、とアピールしたいのだろう。
麻生さんの人気にあやかって支持率をあげるつもりなんだろう。あざといの一言に尽きる、返って人気を無くす。
なぜ野田総理はいつもいつも他人の真似ばかりするのだろうか?
麻生元首相は経済についてのスペシャリストでそれを生かした内政と神がかり的な外交をきっちりやりこなしていた人である。
野田なんか足元にも及ばない。韓国政府に内政干渉させている無能な売国総理である。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


[ 2012/01/24 17:52 ] 野田内閣 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。